糖尿病の食事コラム

[糖尿病ニュース]GI値についてのアンケートから見る、糖尿病に対する意識と知識

簡単&美味しい!楽うま糖尿病食レシピ

セルフヘルシーライフ 美学ねっとは2014年1月6日~2014年2月28日の間、男性21名・女性111名に対して、GI値に関するアンケートを行いました。




GI値(グリセミック指数)とは、食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピートを測ったものです。ブドウ糖を摂ったときの血糖上昇率を100として、相対的に表されます。
GI値が低いほど血糖の上昇が遅く、吸収もゆっくりのため腹持ちが良くなります。血糖の上昇をゆるやかにする食事が必要とされる糖尿病の治療においても近年、GI値は注目されているようです。


アンケートでは、「血糖が高い」「糖尿病予備軍」「肥満気味」「内臓脂肪が多い」といわれたことがある人が58%でした。多くの人が、Ⅱ型糖尿病がどのような病気かについてある程度の知識は持っているようですが、Ⅰ型糖尿病がどのような病気かを知っていると答えた人は27%、また、「日本人はインスリンの分泌が欧米人に比べて弱いため、糖尿病になりやすい」ことを知っていると答えた人は22%に留まりました。


何となく症状などは知っているけれど、細かいことは知らないという人が多いようです。


また、GI値について知っているかという質問に「はい」と答えた人は16%、「聞いたことはある」と答えた人は25%で、両者を合わせても「いいえ」と答えた45%よりも少ないという結果でした。血糖値が高い人は、GI値を知ることが、自分の食生活を見直すきっかけになるかもしれません。


アンケート結果の詳細は下記のサイトよりご確認ください。

http://www.sutekina.jp/result140106-140228.html

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧