食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

鱈のゆずバタームニエル

【材料(1人分)】

SONY DSC

・生だら 1切れ(100g)
・塩 少々(0.5g)
・こしょう 少々(0.1g)
・薄力粉 大さじ1/2強(5g)
・バター 小さじ2(8g)
・ゆず果汁 小さじ1/2(2.5g)
・ゆず果皮 少々(0.5g)
・さやいんげん 30g
・ミニトマト 2個(30g)

【作り方】

:生だらに塩、こしょうをふって、2~3分ほど置いて、出てきた水分をキッチンペーパーでふきとり、薄力粉をまぶします。

:フライパンを熱してバターを溶かし、鱈の皮が下になるように焼き、最初は強火で、次に火を弱めて3分ほど焼いて裏返し、反対側も同様に焼きます。

:焼き色が十分についたら火を止めて、ゆずの果汁をふりかけて、バターソースとなじませて鱈にからめ、お皿に盛り、ゆずの皮を刻んでのせます。

:さやいんげんは4㎝程度に切って茹でてから3のフライパンで軽く炒め、ミニトマトといっしょにお皿に盛って完成です。

【栄養価】

エネルギー:171kcal
塩分:1.0g
食物繊維:1.3g
糖質:6.6g

冬が旬の鱈とゆずを組み合わせたお料理です。
鱈は魚の中でも脂質が少なく、カロリーが低いため、カロリーコントロールが必要な方にも安心して食べていただける食材です。
ゆずは古くから日本人に親しまれている果物です。
ゆずを使ったこのレシピは、洋風のムニエルもどこか和風の味わいがあり、ごはんなど和風の料理とも組み合わせやすいでしょう。
また、ゆずの香りを活かせば塩分控えめでもおいしく仕上がって健康的です。

関連レシピ

kinme

金目鯛とごぼうの煮付け

>>詳しいレシピはこちら

anago

かぶと焼き穴子の煮物

>>詳しいレシピはこちら

糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る
×BannerBanner