糖尿病の食事コラム

骨に大切な成分を把握して、効果的な食事療法を

骨

丈夫な骨の形成には、充分なカルシウムと一緒に、ビタミンDとビタミンKという栄養素を摂取することが大切です。しかし、健康な骨を作るための情報発信を目的に設立された組織「コツコツ骨ラボ」が行った調査では、カルシウム以外の成分の重要性が充分に認知されていないことが明らかになりました。

糖尿病を患っていると骨の質が悪くなりやすく、骨粗鬆症や骨折などを発症する可能性が高くなります。食事療法の重要な要素のひとつとして、糖尿病と骨との関係や、こうしたリスクに備えるために必要な成分の内容を把握しましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧