糖尿病の食事コラム

食習慣に注意して、体内時計を整えましょう

体内時計

食事の時間が遅くなってしまったり、朝食を抜くといった生活を日頃から送っていませんか?こうした食習慣を続けている人は、体内時計が乱れているかもしれません。

体内時計は糖代謝や血圧など、体の機能に多くの影響をおよぼすことが知られています。そのため、体内時計のリズムを適切に整えることは、糖尿病のリスクを減らすための重要な対策の1つといえるのです。

食事の時間は体内時計のリズムを決める大事な要素です。今回は体内時計と糖尿病のリスクとの関係や、2016年に発表された食事と体内時計に関する研究の内容をお伝えします。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧