糖尿病の食材レシピ

食卓を華やかに! 日本のエディブル・フラワー菊の花の旬を楽しもう!

食用菊のおすすめレシピ②

菊の花とほうれん草のからし和え

菊の花とほうれん草のからし和え縦

【材料(2人分)】

  • 菊の花 15g
  • ほうれん草 4株(80g)
  • しめじ 1/2株(50g)
  • 油揚げ 1/2枚(20g)
  • だし 小さじ2
  • うすくちしょうゆ 小さじ1
  • 練りがらし 小さじ約1/3(1.5g)

【栄養価(1人分)】

  • エネルギー:60kcal
  • 塩分:0.5g
  • 食物繊維:2.4g
  • 糖質:1.4g

  • 【作り方】

    :菊の花は花びらをむしって酢を入れたお湯でさっと茹でる。ほうれん草はゆでて3~4cmに切る。しめじは小房にわけて茹でる。油揚げは油抜きして短冊切りにする。

    :だし、うすくちしょうゆ、練りがらしを混ぜて①の具と和えて完成。

    【このレシピのポイント】

    シンプルな和え物にも菊の花を加えるとぐっと華やかになり、いつもと違った風味も味わえます。食物繊維が摂れるようにきのこや野菜をたっぷり使っています。辛子の風味もアクセントです。

    定番はもちろん、自由に使ってみよう!

    食用菊は和え物や酢の物、ちらし寿司などで使われることが多いですが、使い方に決まりはありません。自由なアイデアで菊の花を取り入れて、食卓に彩りを加えてみてはいかがでしょう。季節を感じながら、菊のおいしさを楽しんで下さいね!

    小泉明代【レシピ開発】小泉明代(こいずみあきよ)

    女子栄養大学卒業後、管理栄養士免許取得。

    医療機関での栄養指導、保健指導などや、小学校での給食管理、食育などを行った後、フリーランスとして活動を開始。

    現在は企業のアドバイザーやレシピ作成、食に関するライティングなどを行っている。

    PR注目記事

    健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
    健康道場「緑でサラナ」

    糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

    次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

    1.うどん
    2.玄米
    3.とうもろこし

    糖尿病とうまくつきあう

    関連記事一覧