糖尿病の食事コラム

食事療法に有効なもち米玄米のメリットとは?

もち米玄米

玄米や雑穀などの全粒穀物は、炭水化物だけでなくビタミンや食物繊維などの栄養を豊富に含んでいます。糖尿病の予防や改善といった観点からも、取り入れたい食品といえます。

その一方で、「白米に比べて食感が硬い」、「特有のえぐみや匂いがある」といった特徴から、玄米を敬遠している方も少なくありません。そのため、これら普通の玄米のデメリットが少なく食べやすい『もち米玄米』が注目されています。 

今回は、もち米玄米についての情報を紹介します。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧