【医師監修】食事バランスガイドを活用して、効率の良い食事療法を

バランスのとれた食事は食事療法の基本

栄養素をバランスよく摂ることと、朝・昼・夕の3食を規則正しく摂ることは、糖尿病の食事療法の大事な要素です。

例えば、ブドウ糖になって体のエネルギーとなる「炭水化物」と、筋肉や臓器を形成する「たんぱく質」、ホルモンや細胞などの材料になる「脂質」はエネルギーのもとになる三大栄養素で、適切な量を摂取することが大切です。

他にも、カルシウムなどのミネラルは骨や歯の形成に必要ですし、鉄・銅・亜鉛といったその他のミネラルやビタミンも、体の動きを正常に保つ上で欠かせません。

このように、それぞれの栄養素は体の機能を保つために大事な働きをになっており、それらをバランスよく摂取することが大事です。

バランスのとれた食事の具体例には、次のような形があげられます。

・ご飯やパン・麺類などの主食が1品
・魚類や肉類、大豆製品などを使った主菜が1品
・野菜やきのこ、海草、コンニャクなどを使った副菜が2品

他にも牛乳やヨーグルトといった乳製品や果物などの食品を組み合わせ、エネルギーを考慮しながら毎日の食事のバランスを整える必要があります。1日の適正なエネルギー量は、次の計算式で求めることができます。

1日の適正なエネルギー量(kcal)
=標準体重(kg)×身体活動量

この計算式で用いられる標準体重は、次の式で求められます。
標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

また、身体活動量は仕事の内容によって異なる傾向があります。糖尿病情報センターでは、職業別の身体活動量の目安を次のように紹介しています。

軽労作(デスクワークが多い職業など):25~30(kcal/kg標準体重)
普通の労作(立ち仕事が多い職業など):30~35(kcal/kg標準体重)
重い労作(力仕事が多い職業など):35~(kcal/kg標準体重)

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし
>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る