糖尿病のレシピ

青じそジェノベーゼのきのこピザ

【材料(2人分)】

    ピザ生地
  • 強力粉 80g
  • 砂糖 1g
  • ドライイースト 2g
  • オリーブオイル 小さじ1(4g)
  • ぬるま湯 40㏄

  • ピザ用チーズ 20g
  • エリンギやしめじなどのきのこ 合計100g
  • 青じそジェノベーゼ
  • 青じそ 5枚(5g)
  • にんにく 1/2かけ(2.5g)
  • 粉チーズ 大さじ1/2(3g)
  • オリーブオイル 大さじ1/2(6g)
  • 塩 0.5g

【栄養価(1人分)】

エネルギー:253kcal
塩分:0.5g
食物繊維:3.4g
糖質:29.8g

【作り方】

:ピザ生地を作る。ぬるま湯の中に砂糖とドライイーストを入れて5分ほど置く。ぶくぶくとしてきたら強力粉の入ったボウルに加えて手でざっと混ぜる。水分と粉が混ざったら、オリーブオイルを加えてよく捏ねる。

:生地の表面がなめらかになったら、ひとまとめにし、中央に十字の切れ目を入れてラップをして温かい場所で30~60分発酵させる。生地が二倍くらいに膨らんだら打ち粉(分量外)を振った台の上で、麺棒を使って生地を伸ばす。厚めでパン風にしても、薄めでもお好みでOKです。

:②の上にチーズと、石突を切り落として一口大に切り分けたきのこ類をのせて、200℃に余熱しておいたオーブンで15~20分焼く。

:青じそジェノベーゼを作る。材料をすべてミキサーかブレンダーでペースト状にするか、すり鉢で潰しながらよく混ぜる。

:③のピザに④のソースをかけて完成。ソースをかけた後で軽く焼いてもよい。

一般的なジェノベーゼのレシピはバジルで作りますが、今回は青じそで作りました。松の実を加えてオイルたっぷりというソースのレシピが多いのですが、ナッツ類は糖尿病食品交換表では油脂類として扱うため使用せず、カロリーを抑えるために油も控え目にしました。青じそジェノベーゼはこのレシピの2倍以上で作ったほうが作りやすいです。冷蔵庫で保存して、パスタやスープに加えたり、温野菜などに添えて頂くのもおいしいですよ。

関連レシピ

【切り出し】20160609_1簡単!たっぷり野菜とウインナーのピザ風重ね焼き

>>詳しいレシピはこちら

【切り出し】20160609_2楽ちん!キャベツと卵のお好み焼き風

>>詳しいレシピはこちら

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

関連記事一覧