【医師監修】カロリー・血糖値のバランスから考える、間食のタイミングとは?

間食が必要な場合もある?

激しい運動や長時間にわたる運動をするときには、適度な補食をする必要があります。間食になってしまうから、とこうした補給を我慢してしまっては低血糖状態におちいりかねません。また、残業が長引くなど仕事の都合で極端に食事の時間があいてしまう時にも、軽食をとって補給しておいた方がいい場合があります。この場合はお菓子で補うのではなく、補食として適当なもの、という観点で選ぶといいでしょう。

もっとも、このような形の間食はあくまで緊急の場合です。補食の例があるからといって、食事のカロリーを減らしてそのぶんを間食にまわすようなことはしないでくださいね!

参照・参考
第 4 部  生活習慣調査の結果
間食のエネルギー(カロリー) | e-ヘルスネット 情報提供
糖尿病の食事のはなし(実践編) | 糖尿病情報センター
管理栄養士が教える!糖尿病の方でも血糖値に影響が出にくい間食、8つのルール
日本糖尿病学会誌第56巻第12号
外来糖尿病教室 Q&A ~質問から学ぶ糖尿病~

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし
>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る