食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

長いもマグロ納豆丼

【材料(1人分)】

SONY DSC

・ごはん 125g
・長いも 正味60g
・めばちまぐろ 60g
・納豆 小1パック(40g)
・乾燥わかめ 1.5g(生であれば15g目安)
・濃口醤油 小さじ1
・練りワサビ 1g
・小ねぎ 1g

【作り方】

:長いもは皮をむいて1.5cm角に切り、酢水(分量外)に漬けておく。まぐろは2cm角に切る。乾燥わかめは水で戻しておく。

:丼にごはんを盛り、水気を切った長いもとまぐろ、納豆、わかめを盛る。

:きざんだ小ねぎを散らして、わさびをのせて、醤油をかけて完成。

【栄養価(1人分)】

エネルギー:429kcal
塩分:1.4g
食物繊維:4.2g
糖質:57.1g

長いもとごはんをあわせて、表1が3単位のレシピです。エネルギー指示量に合わせてご飯の量を調節してください。
味付けはやや薄めですが、わさびの辛みを活かして、塩分控えめで味わってみてはいかがでしょう。わかめなど海藻類はエネルギー量を気にせず食べられますので、お好みで増量してもOKです。

関連レシピ

簡単美味な豆腐なめたけ丼

簡単美味な豆腐なめたけ丼

>>詳しいレシピはこちら

タコの炊き込みごはん

タコの炊き込みごはん

>>詳しいレシピはこちら

外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス
外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る
×BannerBanner