食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】長いもの糖質はどれくらい?カロリー・糖質を比較!

長いもの糖質は高い?低い?

長いもは年に2回の収穫期があります。3月から5月頃にかけて収穫されるものを「春堀り」、11月から12月頃にかけて収穫されるものを「秋堀り」といいます。冬を越した春堀りの長いもはねばりが強くコクがあり、秋堀りの長いもはみずみずしくジューシーな味わいを持っています。

すりおろしてとろろにしたり、千切りにするなど生で食べることが多い長いもは一見、ヘルシーな食材であると見えます。実際のところ長いもには、どれくらいのエネルギーや糖質が含まれているのでしょうか?可食部100gあたりについて、主ないも類と比較してみました。

長いも エネルギー65kcal、炭水化物13.9g、食物繊維総量1.0g
じゃがいも  エネルギー76kcal、炭水化物17.6g、食物繊維総量1.3g
サツマイモ エネルギー134kcal、炭水化物31.9g、食物繊維総量2.2g
サトイモ エネルギー58kcal、炭水化物13.1g、食物繊維総量2.3g

糖質は一般に「炭水化物―食物繊維」の計算式で算出されます。長いもはエネルギー、糖質ともに他のいも類と比較して低くおさえられていることがわかります。

長いもはレジスタントスターチが豊富!

さらに注目したい点として、長いもには、デンプンの中でも食物繊維と同じ働きをするという「難消化性デンプン」、レジスタントスターチが豊富に含まれています。レジスタントスターチは小腸で吸収されにくいため血糖値があがりにくく、お通じを促して腸内環境の改善にも役立ちます。

1 2 3

外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス
外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る
×BannerBanner