糖尿病の食事コラム

野菜のポリフェノールに着目して、肥満を予防しよう

ポリフェノールTOP

健康に良い食事の条件の1つとして、「野菜を多く食べる」ことが大切であると指摘されています。

一部の野菜に含まれているポリフェノールの「ケルセチン」と「ルテオリン」には、コレステロールの吸収に作用し、肥満の予防につながる効果があることが示されています。

こうしたメリットがあることも理解し、今まで以上に積極的に野菜を摂取すれば、糖尿病の予防や食事療法をより効果的に進めることができるでしょう。

ここではその効果を示す研究の結果を紹介すると共に、ケルセチンとルテオリンについて説明します。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧