食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】赤飯は血糖値が上がりやすい?白米のごはんとの違いとは

赤飯の栄養とバリエーション

現代では赤飯はおめでたいことがあった時に食べるのが通例ですが、実はもともと、赤飯は凶事があった時に食べるのが習いでした。邪気を祓うとされる赤い色の力を借り、凶事をよいことへと反転させる祈りをもって食べられていたようです。

赤飯の赤い色は多く、小豆のゆで汁で着色されています。一般的な赤飯はこうして小豆と一緒に炊き上げるため、白米のごはんと比べて食物繊維やアミノ酸、ビタミンB1といった栄養素が多く含まれています。ビタミンB1は玄米に多く含まれているものの、精米することで失われがちな栄養素です。ビタミンB1が欠乏すると、脚気の原因ともなります。

なお、赤飯に混ぜて炊くのは小豆だけとは限りません。地方によっては小豆ではなくささげを使って赤飯を炊きます。小豆は水につけておくと亀裂が入ることがあります。これを「胴割れ」といいますが、「腹が切れる(=切腹)」を連想させる胴割れはおめでたい席にそぐわないと避けられ、割れにくいささげが使われるようです。さらにささげが手に入りにくかった地方では金時豆を使った赤飯が炊かれてきました。

また北海道では甘納豆で赤飯を炊く文化があり、甘い食べ物として赤飯が親しまれています。この場合、小豆のゆで汁で赤い色をつけることができないため、食紅がセットで売られ、紅ショウガを添えます。

参照・参考
お米のおいしさの基準
もち米とうるち米の違い
栄養だより vol.15
辻調おいしいネット / にほんの四季便り
全米販|コメトピックス|11月23日を「お赤飯の日」に制定!
豆コレクション
行事食 4月 進級祝い | 平塚市
食品成分データベース

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します。

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します。

アンケート結果をみる

1 2 3

外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス
外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る
×BannerBanner