表2:くだもの

1日1個で医者を遠ざける? 栄養価が高いリンゴの旬を楽しもう
糖尿病の食材レシピ

1日1個で医者を遠ざける? 栄養価が高いリンゴの旬を楽しもう

世界中で数千から1万以上の品種が存在すると言われるリンゴ。品種によって多少差はありますが、旬は秋から冬です。「1日1個で医者を遠ざける」という諺もあるほど、栄養価の高い果実として食されてきまし...

身の回りに加工品がたくさん! ポリフェノールが豊富なブドウを味わおう
糖尿病の食材レシピ

身の回りに加工品がたくさん! ポリフェノールが豊富なブドウを味わおう

夏の終わりから秋になると黄緑色や紫色の様々な品種が出回るブドウ。生のままで美味しく頂けることはもちろんですが、身の回りには実はブドウが原材料という食品が多く存在します。実は世界で3番目...

酢の代わりに使いたい! すだちのパワーを活用しよう
糖尿病の食材レシピ

酢の代わりに使いたい! すだちのパワーを活用しよう

すだちと言えば、さんまの塩焼きやホイル焼きに絞って使うことが多い柑橘類ですが、実は果皮も果汁も使えて、栄養価も魅力的です。すだちのことを知ると、定番の使い方以外にも色々な料理に使いたくなること間違...

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
梅雨の時期とともに梅の実も旬! 初夏の果実、梅を楽しもう
糖尿病の食材レシピ

梅雨の時期とともに梅の実も旬! 初夏の果実、梅を楽しもう

じめじめとした曇りや雨の天気が続く梅雨。この頃ちょうど梅の実が熟すころであるから、この漢字があてられるようになったという説があります。季節はすっきりしない梅雨の季節も、おいしい梅レシピで元気に...

小さな果実にさまざまな栄養が!「キウイ」の栄養と美味しいレシピ
糖尿病の食材レシピ

小さな果実にさまざまな栄養が!「キウイ」の栄養と美味しいレシピ

トロピカルな雰囲気がありながら、すっかり日本の食卓に定着している「キウイ」。実は、消費量の約半分は国産なんですよ。 ジューシーな果肉はもちろん、緑や黄色の美しい果肉にプチプチとした種が並んだ断面...

芸能人も注目!最近話題のフルーツ「アサイー」の秘密とは?
糖尿病の食材レシピ

芸能人も注目!最近話題のフルーツ「アサイー」の秘密とは?

カフェの新メニューに採用されたり、芸能人やスポーツ選手が取り入れたりと、注目を集めているアサイー。「健康や美容によい」という話から日本でも定番になりつつありますが、一体どんな食べ物なのでしょう...

日本を代表する果物「柿」が持つ優れた効能とは
糖尿病の食材レシピ

日本を代表する果物「柿」が持つ優れた効能とは

日本の秋を代表する果物、柿。縄文時代の遺跡から柿の種が出土するなど、日本人と柿の繋がりは長くて深いものです。品種も豊富で、食べ比べをするのも楽しいですね。そんな柿は、栄養成分を多く含み...

香りの良い「ゆず」で、美肌&風邪予防!
糖尿病の食材レシピ

香りの良い「ゆず」で、美肌&風邪予防!

ゆずは、その爽やかな香りや酸味で、料理の引き立て役やリラックス時のアロマオイルなどとして用いられています。 また冬至の日には「ゆず湯」に入ると、1年中風邪をひかずに元気でいられるとも言われていま...

秋に食べたい「梨」。梨の栄養と、梨を使った簡単レシピを紹介!
糖尿病の食材レシピ

秋に食べたい「梨」。梨の栄養と、梨を使った簡単レシピを紹介!

爽やかな香りと、瑞々しい果汁が特長の梨。 梨の種類はさまざまあり、早いものだと7月8月頃から旬を迎えますが、多くの梨は9月~10月の秋ごろに旬となり、甘みを増してよりいっそう瑞々しい梨を堪能すること...

一日一個のりんごは医者知らず?!りんごの健康効果と、おいしいレシピ
糖尿病の食材レシピ

一日一個のりんごは医者知らず?!りんごの健康効果と、おいしいレシピ

「一日一個のりんごは医者知らず」ということわざをご存じですか? 意味は文字通り、1日に1個のりんごを食べれば病気にならず、医者にかかることもない、ということです。りんごは私たちの生活に身近な...

夏に食べたいくだもの「スイカ」。スイカは血糖値を上げやすい?!
糖尿病の食材レシピ

夏に食べたいくだもの「スイカ」。スイカは血糖値を上げやすい?!

暑い夏によく冷やしたスイカは、甘くてとてもおいしいもの。 「スイカは甘いから太りやすい」「スイカは血糖値を上げやすい」といった声も聞かれますが、実際のところどうなのでしょうか。 今回はスイカのカロ...

フルーツの王様!メロンの栄養とおいしい食べ方
糖尿病の食材レシピ

フルーツの王様!メロンの栄養とおいしい食べ方

糖尿病の食事療法をしている方にとって、フルーツはビタミンやミネラルの補給源として大切な食べ物です。 しかし、糖度が高いフルーツは、血糖値の上昇や血中の中性脂肪の増加を招いてしまう場合があり注意が必要...