冬の定番料理シチュー!血糖値上昇を抑えるための注意点とは?

市販ルウの栄養素を比較してみよう!

この季節になると、さまざまな種類の市販ルウがお店に並んでいます。これらのルウは、どのくらいカロリーや糖質があるのか、調べたことはありますか?
ここでは、代表的な商品の栄養成分(エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量)を比較してみました。

①ハウス北海道シチュー<クリーム>

一皿分の栄養成分:エネルギー92kcal、たんぱく質1.4g、脂質6.1g、炭水化物7.9g、食塩相当量1.7g

②ハウス北海道シチュー<ビーフ>

一皿分の栄養成分:エネルギー91kcal、たんぱく質1.3、脂質6.4g、炭水化物6.9g、食塩相当量2.0g

③ハウスこくまろシチュー

一皿分の栄養成分:エネルギー110kcal、たんぱく質1.5g、脂質7.8g、炭水化物8.4g、食塩相当量1.5g

④S&Bとろけるシチュー<クリーム>

一皿分の栄養成分:エネルギー105kcal、たんぱく質1.2g、脂質6.6g、炭水化物10.2g、食塩相当量1.6g

⑤S&Bとろけるシチュー<コーン>

一皿分の栄養成分:エネルギー102kcal、たんぱく質0.6g、脂質6.0g、炭水化物11.4g、食塩相当量1.8g

カロリーは商品によって10~20Kcalでそれほど大きな差があるとはいえません。けれども、糖尿病食に気をつけたい脂肪や炭水化物が多く含まれています。そのため、具材を工夫しないとカロリーオーバーになる可能性があるといえるでしょう。

参考:ハウス食品株式会社、S&B エスビー食品株式会社

糖尿病患者さん向けシチューづくりのポイント!

・糖質の多い具材は少なめに

じゃがいも、かぼちゃなど糖質の多い野菜の量に気をつけましょう。
また、シチューの定番食材であるにんじんやたまねぎも糖質が多い食材です。きのこやほうれん草など、食物繊維が多く糖質が少ないものを選ぶとよいでしょう。

・1皿分の量に気をつけましょう。

市販のルウは商品によってできあがり量(○皿分)に違いがあります。
2皿分の材料を1皿として摂取してしまえば高カロリーになるので注意が必要です。

・自分でルウを作るときは小麦粉やバターの量を調節しよう

自分でルウを作るときは、小麦粉とバターの量が多くならないように注意しましょう。バターの半量をオリーブオイルにするのもおすすめです。
また、ルウ以外にも具材を炒めるときのサラダ油もテフロン加工の鍋を利用するなどしてサラダ油をカットするとカロリーダウンできます。

・肉の種類でカロリーダウン

シチューは、鶏肉、豚肉、牛肉と選ぶことができます。いずれも1人50~60gくらいが適量ですが、種類によりカロリーに差があります。
鶏もも肉の皮なしを選ぶとカロリーが抑えられます。

 

鶏肉(もも皮つき)200kcal/100g
鶏肉(もも皮なし)116kcal/100g
豚肉(そともも)268kcal/100g
豚肉(ばら)434kcal/100g
牛肉(ばら)371kcal/100g
牛肉(もも)182kcal/100g

・牛乳の量に注意する

市販ルウは最後の仕上げに牛乳を入れる場合がありますが、牛乳を入れなくてもルウの味で十分おいしく召し上がれるので牛乳をカットするとカロリーダウンできます。
コクを足したいときは豆乳を使うと、牛乳よりも糖質を抑えることができます。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし
>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る