糖尿病の食事コラム

おいしく血糖値を下げる!?「にんたまジャム」

にんにくたまねぎ

テレビ番組で取り上げられ、人気急上昇中の「にんたまジャム」。以前話題になった「たまねぎ氷」をさらに超える効果を持つといわれています。


「にんたまジャム」の主役は「にんにく」と「たまねぎ」です。

身体に良いと言われる、この二つの食材を使ったジャム。その効果や作り方、レシピを紹介していきましょう。


「にんたまジャム」の持つ健康効果

たまねぎに含まれる成分「イソアリシン」には血糖値を下げ、血液をサラサラにする作用があり、たまねぎを食べる人の血管年齢は食べない人と比べると、10歳以上も若いことが分かっているそうです。


こうした血液改善効果はにんにくも負けてはいません。
にんにくに含まれる「スコルジニン」は、血中の悪玉コレステロールを抑えて善玉コレステロールを増やすとともに、血管を拡張させて血液を固める血小板の力を抑え、血栓や高血圧を予防できるということです。


これは糖尿病の人にも予備群の人の予防にも効果がありそうですね。


もちろんそれだけではなく、美肌効果・ダイエット効果・免疫力向上による風邪予防・冷え性の解消などなど、多くの効果が期待できるそうです。


この二つの食材を毎日しっかりと摂取するというのはなかなか難しいことですが、「にんたまジャム」を作っておけばとっても簡単に解消できるかもしれません。
では、その作り方とレシピを見ていきましょう。


出典:村上祥子の「にんたまジャム」健康レシピ



「涙」も「臭い」も大丈夫!?簡単「にんたまジャム」の作り方

「身体にいいことは分かってる。でも涙が出るし…手に臭いは残るし…」
そう思ってこの二つの食材を使うことが億劫な方も心配いりません。
「にんたまジャム」はミキサーでとっても簡単に作れるのです。


では作り方を紹介します。


【材料】(できあがり 460g/調理時間 25分)

  • ・たまねぎ 500g
  • ・にんにく 100g
  • ・水 100ml
  • ・はちみつ 80g
  • ・レモンの絞り汁 大さじ2

【作り方】

  1. 1.たまねぎは皮をむき、上側と根を切り落とす
     たまねぎが大きい時は2〜3等分する。にんにくも皮をむく
  2. 2.耐熱ボウルに1を入れ、水を注ぎ、両端をあけてラップをし、電子レンジ600Wで12分加熱する
  3. 3.加熱したたまねぎとにんにくと、汁も一緒にミキサーに移し入れ、はちみつ、レモン汁を加え、な
     めらかになるまで回す
  4. 4.耐熱ボウルに移し、ラップをせずに電子レンジ600Wで6分加熱する
  5. 5.熱いうちに完全に乾燥している瓶に移し、ふたをする

これで完成!いかがですか?とても簡単ではないでしょうか?

「にんたまジャム」は、常温で1ヶ月、開封後冷蔵で2ヶ月保存することができるのでまとめて作ってしまうのもよいかもしれませんね。


料理にコク出し!「にんたまジャム」レシピ

作った「にんたまジャム」はそのままでももちろんおいしいのですが、隠し味として使うことでおいしくなるレシピを紹介します。
材料自体がにんにくとたまねぎのため、料理にコクが出ておいしいですよ!


電子レンジで作る「にんたま麻婆なす豆腐」

Magurodukedon

【材料】(2人分)

  • ・木綿豆腐・・・・・1/2丁(100g)
  • ・なす・・・・・・・2個(140g)
  • ・豚ひき肉・・・・・100g
  • ・熱湯・・・・・・・1/2カップ
  • ・こしょう・・・・・少々
  • <調味料>
    • ・にんたまジャム・・大さじ2
    • ・しょうゆ・・・・・大さじ2
    • ・豆板醤・・・・・・小さじ1
    • ・片栗粉・・・・・・小さじ1
    • ・ごま油・・・・・・小さじ1


    【作り方】

    1. 1.豆腐は1.5cm角に切る。なすはヘタを落とし、幅1.5cmの輪切りにする。
    2. 2.耐熱ボウルに調味料を入れて混ぜたら、熱湯を加えて混ぜる。とろみがついたら、豚ひき肉を加
       えて混ぜる。
    3. 3.豆腐となすをのせ、ふんわりとラップをし、電子レンジ600wで10分加熱する。
    4. 4.とり出して混ぜて器に盛り、こしょうをふる。

    参照:にんたまジャムレシピ110 P15
    ※画像はイメージです。

    美肌効果のある「にんたまスクランブルエッグ」

    にんにくに含まれる成分「アホエン」の保温効果と、卵の成分「レシチン」の乳化作用で、ハリのある美肌で1日をスタートさせることができますよ。

    Magurodukedon

    【材料】(2人分)

    • ・卵 ・・・・・・・2個
    • ・にんたまジャム ・大さじ1
    • ・塩、こしょう ・・各少々
    • ・サラダ油 ・・・・大さじ1


    • 【作り方】

      1. 1.ボウルに卵をとき、にんたまジャム、塩、こしょうを加えて混ぜる。
      2. 2.フライパンにサラダ油を熱し、1.を流し入れ、中火強で、フライパンの端の方から箸で内側に寄
         せながらスクランブル状にして、ふんわりとしたら火を止める。

      参照:薬剤師ネット 公式ブログ

      ※画像はイメージです。

      時間がない時でも日々の料理に健康的な要素をおいしく、さっとプラスできる「にんたまジャム」。
      この機会に作ってみてはいかがでしょうか?

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧