糖尿病の食事コラム

カロリーゼロ!?血糖値を上げない!?人口甘味料は体に良いの?

血糖値を左右するのは糖質。糖質を摂り過ぎると、高血糖状態が長く続いて糖尿病発症の大きな原因になります。


そこで注目されているのが人口甘味料。人口甘味料を使った食品には「カロリーゼロ」や「糖類ゼロ」といったことがうたわれています。人口甘味料にカロリーはないと言われていますが、一体どのようなものなのでしょうか。
今回は、人口甘味料について詳しく見ていきましょう。


主な人工甘味料

日本で使われている人口甘味料は主に次のようなものがあります。


  • ・アスパルテーム
  • ・アセスルファムカリウム
  • ・スクラロース
  • ・サッカリン
  • ・ミラスィー
  • ・ネオテーム

中でも、清涼飲料水やガムなどに多く使われているのが「アスパルテーム」。製品パッケージの成分表示を見ると分かりますが、「カロリーゼロ」とうたっている清涼飲料水などには必ずと言っていいほど使われています。
その他「エリストール」「ステビア」「オリゴ糖」などは、砂糖(ショ糖)ではない、天然の素材から作られている糖アルコール(糖質甘味料に分類される、天然にも存在する甘味料)の一種です。


人工甘味料のカロリーは?「カロリーゼロ」「シュガーレス」「砂糖不使用」の意味とは

人工甘味料の多くは甘味度が極めて高いため(砂糖の200~600倍とも言われます)、使用量が少なくても十分な甘みを感じることができます。また、基本的には体内で消化・吸収されずそのまま排出されるため、カロリーは極めて低いと考えられています。

しかし注意したいのは、食品に表示されている「カロリーゼロ」「砂糖不使用」などという言葉は、必ずしも“カロリーが完全に0ではない”“糖類が完全に0ではない”ということです。それらは次のようなルールに則って表示されています。


◎食品成分表示のルール

・カロリーゼロ、0カロリー、ノンカロリー
 食品100g(飲料100ml)あたりのエネルギーが5kcal未満
・シュガーレス、無糖、ノンシュガー、糖類ゼロ
 食品100g(飲料100ml)あたりの砂糖、乳糖などの糖類全般が、0.5g未満
・砂糖不使用
 砂糖は使っていない。ただし、果糖や乳糖などのその他の糖類を含んでいる可能性あり
・低糖、微糖、糖分カット、糖分控えめ
 食品100gあたり5g以下、飲料100mlあたり2.5g以下


人工甘味料が血糖値を上げることもある!?

このように、食品表示上ノンカロリーと言える人口甘味料ですが、体内の腸内細菌によって発酵すると脂肪酸となってカロリーが発生することがあり、完全にカロリーがないとは言えません。またこのとき、血糖値も上げてしまう可能性があることが最近の研究で分かってきました。

さらに、人口甘味料の入った清涼飲料水を飲むことで糖尿病のリスクが上昇するという研究結果もあります。


◎ノンカロリー甘味料、血糖値を上げることも
 http://jp.wsj.com/articles/SB12785023003277603623104580160702110974006


◎砂糖だけではなく代替甘味料も危険
 http://www.qlifepro.com/news/20130214/light-drinking-is-a-buddhist-studies-to-increase-the-risk-of-diabetes.html


これらの研究は確定的な結果が出ていないのが現状ですが、多くの研究で人口甘味料に対する論争がなされているのです。


人工甘味料の懸念点

人工甘味料における血糖値を上げてしまうかもしれない以外の懸念は、甘味に慣れてしまい鈍感になり、より強い甘味を欲してしまうという点にもあります。
その結果、砂糖を使ったカロリーの高い食品にも手が伸び、結果糖分を摂り過ぎて血糖値を上げてしまうのです。


人工甘味料の摂り過ぎには十分注意して

それでも、砂糖よりは血糖値を上げづらく、カロリーもほとんどないということは人口甘味料の魅力であり、甘いものを控えている糖尿病患者さんにとっては助けになるものとも言えるでしょう。
ただし、人口甘味料の入った清涼飲料水やお菓子をむやみに摂ることは避け、医師や管理栄養士との相談の下、料理に使う程度にとどめるなど上手に取り入れていくようにしましょう。

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧