糖尿病の食材レシピ

花よりハチミツ? 嬉しい効果もたくさん! 自然界で最も甘い蜜ハチミツは春が旬!

ハチミツのおすすめレシピ②

はちみつ照り焼きチキン丼

ハチミツ照り焼きチキン丼縦

【材料(2人分)】

  • 鶏胸肉(皮なし) 1枚(240g)
  • 醤油 大さじ1(18g)
  • はちみつ 小さじ2(14g)
  • 酒 小さじ2(10g)
  • キャベツ 2枚程度(100g)
  • ミニトマト 6個(60g)
  • 米 120g
  • 押麦 30g)

【栄養価(1人分)】

  • エネルギー:458kcal
  • 塩分:1.4g
  • 食物繊維:3.1g
  • 糖質:66.4g

【作り方】

:米と麦をあわせて洗米し、30分浸水したら、1カップ(200ml)の水を加えて(又は1合分の水加減をして)炊く。

:鶏胸肉にフォークで数箇所穴をあけて、醤油、はちみつ、酒をまぜて30分以上、味をなじませる。

:アルミホイルで①を包み、170~180℃のオーブンで20~30分焼いて中まで火を通す。肉汁は鍋などで煮詰めてタレを作る。

:キャベツは千切りにする。ミニトマトは縦半分に切る。

:①の麦ごはんの上に④のキャベツ、ミニトマト、1㎝幅に切った③をのせ、タレをかけて完成。

【このレシピのポイント】

ぱさつきがちな鶏胸肉をはちみつ入りのタレに漬けてしっとりと焼き上げます。オーブンで焼くので余計な油を使わずにカロリーを抑えられています。キャベツとミニトマトで野菜を一緒に摂取し、食べ応えのある丼料理です。麦ごはんにすることで食物繊維もしっかり摂れます。

甘みが欲しいときにうまく取り入れてみよう!

ハチミツはミネラルなども摂れて、砂糖よりも少ない量と少ないカロリーで同じ甘さを味わうことができます。糖質を多く含むため、使用量には気をつけなければいけませんが、うまく取り入れれば、料理をヘルシーに仕上げることができます。色々な料理でハチミツを活用してみてはいかがでしょう!

小泉明代【レシピ開発】小泉明代(こいずみあきよ)

女子栄養大学卒業後、管理栄養士免許取得。

医療機関での栄養指導、保健指導などや、小学校での給食管理、食育などを行った後、フリーランスとして活動を開始。

現在は企業のアドバイザーやレシピ作成、食に関するライティングなどを行っている。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧