【医師監修】脂質を抑えた食事が大事。脂質異常症の影響を紹介します

脂質の摂り過ぎによる脂質異常症に注意

血液に含まれる脂質の濃度が基準の範囲ではない状態を、脂質異常症といいます。

脂質異常症には、おもに血液に含まれる総コレステロールやLDLコレステロール・トリグリセリドのどれかの濃度が基準の値より高くなる「高脂血症」と、HDLコレステロールが基準の値よりも低くなる「低HDLコレステロール血症」の2種類があります。どちらも動脈硬化やメタボリックシンドロームになる可能性を高めます。

何の対策もせずに動脈硬化を放置していると、脳梗塞や心筋梗塞といった血管疾患の発症につながる可能性があり、早い段階から対策をたてなければいけません。他にも、中性脂肪が多い人は急性膵炎を発症する可能性が高いことが報告されているなど、さまざまなリスクに関わっています。

これら脂質異常症の予防や治療を進めるためには、食生活をはじめとした生活習慣を改善することが大切です。

飽和脂肪酸にはLDLコレステロールを血液に溜めやすくする性質があるので、毎日の食事では飽和脂肪酸の摂り過ぎに気をつけましょう。他にも、トリグリセリドの合成に関係している糖質の摂取量を抑えたり、同じくトリグリセリドの合成に関わっているアルコールを控えることも大切です。

逆に多く摂った方が良い成分としては、高LDLコレステロール血症の対策に有効な多価不飽和脂肪酸や食物繊維、トリグリセリドを合成しにくくするn-3系多価不飽和脂肪酸などが挙げられます。他にも、ビタミンC・ビタミンE・カロテノイド類やポリフェノール類といった成分には脂質の酸化を防ぐ働きがあるので、積極的に摂取すると動脈硬化のリスクに備えることができます。青魚に多く含まれているEPA・DHAにも、コレステロールを抑える効果があります。

その他の生活習慣の注意としては、喫煙を控えることが大切です。喫煙はLDLコレステロールや中性脂肪の上昇、HDLコレステロールの低下といった影響をおよぼします。喫煙の習慣がある人は、すぐに禁煙を始めましょう。

食習慣の対策を中心に、脂質や脂質異常症の予防や治療に関する情報を紹介しました。ですが脂質異常症に備えるためには、体に貯まっている余分な脂肪を落とすことも大切です。適切な体重(kg )の目安である「身長(m)×身長(m)×22」で計算した値に近づくように、エネルギーの摂取量に注意するなどの対策を行いましょう。

余計な脂質の摂取に注意して、脂質異常症のリスクに備えることは、これからの生活習慣病の予防や改善に大きく影響します。今まで特に意識していなかった人は、脂質の特徴や体におよぼす影響を理解して、健康的な食習慣を心がけましょう。

参照・参考
脂肪 / 脂質 | e-ヘルスネット 情報提供
糖尿病の食事のはなし(基本編) | 糖尿病情報センター
脂質異常症(基本) | e-ヘルスネット 情報提供

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし
>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る