糖尿病と外食

糖質が気になる方におすすめの人気レストラン5選

糖尿病や糖尿病予備軍の方々の中には、外食のお店探しにお困りの方も多いことと思います。


糖尿病の食事療法は、単純にカロリーを落とせばいいというものではなく、糖質の量を気にすることも大切。
外食は味を濃いめに作られており、砂糖の使用量も多く、ジャガイモや穀類などの炭水化物や、揚げ物などの油を使ったメニューも多く、栄養バランスの悪い食事になりがちです。


こう考えると、外食などとても出来ない・・と思いがち。
ですが、最近では日本全国で、健康的でおいしいお店がどんどんできており、糖尿病の人でも安心して外食を楽しめる店も増えつつあります。


今回は中でも糖尿病の食事療法に1番大事な「糖質」を意識しているお店を、全国からピックアップしてみました。


1. ダイエットレストランNUDO(東京都渋谷区)

ここの一押しポイントは「すべてのコースメニュー、アラカルトに糖質表示がされていること」です。
正確には、コース料理は日替わりになるので、表示はされていませんが、ランチタイムは「500キロカロリー以下」「糖質50g以下」のガイドラインに沿ったコースが出ます。(全5品)
またディナーは、4品、5品、6品と3コース用意されており「500キロカロリー以下」「糖質30g以下」のガイドラインに沿ったコースになります。


なぜランチとディナーの糖質制限量に差があるのかと言いますと、昼と夜とでは活動量が違いますよね。
そこを踏まえた上での設定です。


メニューはフランス風コースの他に、パスタ、カレー、デザートがあり、すべて「おいしそう!」と言いたくなるものばかり、もちろん個別にカロリー&糖質表示がされています。


2. 船場ひさ家(大阪市中央区)

名前のとおり、日本料理屋です。意外に糖質を意識した日本料理屋がないのですが、このお店は糖質ゼロメニューから、低糖質メニューまで、一品料理が充実しています。
焼き物は塩こしょうのみ、煮物は砂糖を使わず、という和食メニューです。
刺身などの魚メニューやおでんの一品ものが多くあります。


3. プチレストランルッコラ(千葉県市原市)

女子向きのおしゃれなメニューが充実していますが、大きな特徴は「美食低糖」と言う専用コースがあることです。
コースは1,600円から4,000円まで全4コース、糖質をすべて25g以下に抑えてあります。
女性好みのおしゃれなランチ&ディナーコースです。
パスタやパンもついてきますが大豆原料になっています。
更にメニューにも使われている低糖質ソーセージや、パンを通販で購入することも可能です。HPでは糖尿病関連のブログも読めますよ。


4. ホテルニューオータニ博多内レストラン「カステリアンルーム」

ホテルニューオータニだけあって、黒基調の大変落ち着いたお店です。
基本的には通常メニューなのですが、ランチタイムに「低糖質コースメニュー」があります。
魚&肉2品がついているフレンチランチ、カロリーは900キロカロリーとやや高めです。
糖質を極力減らすことに、力を入れたメニューです。
また、お店で「低糖質ブレッド」の購入も出来ます。


5. Botanica(東京都港区)

スタンダードなビストロ風のお店です。
通常のランチ&ディナーコースに、糖質制限コース(ランチ、ディナー)があります。
糖質量もプレート別&コースの総量が数字で明記されています。ディナーは魚&肉両方出てきます。
なお、前日までに予約が必要です。
子供用メニューもあるので、子連れで来るのもお勧めです。


日々のご褒美ディナーに

糖尿病食のメニューを考えるだけでも骨が折れる作業。
時には日々の自分への労いとして、今回ご紹介した糖尿病でも安心して食べられるお店を利用してみてはいかがでしょうか。

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧