食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

糖尿病患者さんも楽しめる!おもてなしお菓子レシピ9選

おもてなしにぴったりのスイーツレシピ

<簡単ヨーグルトチーズパフェ>

簡単ヨーグルトチーズパフェ

【栄養価(1人分)】
エネルギー:119kcal
塩分:0.2g
食物繊維:0.2g
糖質:12.7g

毎日食べると糖尿病の予防効果があるともいわれるヨーグルトに、クリームチーズでコクを加えた、1人分119kcalの低カロリーパフェ。
砂糖の代わりにカロリーゼロの甘味料を使うことで、糖質も抑えています。
ヨーグルトの水切りさえ、あらかじめしておけば、あとは混ぜて盛り付けるだけの簡単レシピです。

>>詳しいレシピはこちら

<あずきと抹茶の「羊寒」>

あずきと抹茶の「羊寒」

【栄養価(1人分)】
エネルギー:86.9kcal
塩分:0.1g
食物繊維:0.8g
糖質:12.8g
※つぶあんで計算しています

寒天粉末を使った「羊羹」ならぬ「羊寒」です。
寒天は食物繊維が豊富で腹持ちも良く、血糖値の上昇を緩やかにする効果があるといわれており、糖尿病患者さんが取り入れたい食材のひとつ。
あずきと抹茶の味わいが、熱い緑茶とよく合います。

>> 詳しいレシピはこちら

<ぎんなんとバナナの豆乳汁粉>

ginnannbanana

【栄養価(1人分)】
エネルギー:99kcal
塩分:0.01g
食物繊維:0.7g
糖質:15.4g

1人分99kcalの低カロリーなお汁粉です。お砂糖控えめながら、バナナの自然な甘みと、ぎんなんの香ばしさがアクセントとなり、香港スイーツのような味わいを楽しめます。
豆乳を使った白いお汁粉は、見た目も美しく、おもてなしにピッタリです。

>>詳しいレシピはこちら

1 2 3 4

糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る