糖尿病のおやつとレシピ

糖尿病患者さんでも安心して食べられる低カロリーなスイーツレシピ

糖尿病の食事療法のため甘いものをすべて我慢することは、スイーツ好きな方にとっては辛いことですよね。

我慢しすぎるとその反動で無性に甘いものを欲してたくさん食べてしまって、かえって糖尿病の悪化を招いてしまうことにもなりかねません。

今回は、糖尿病患者さんでも安心して食べられるスイーツレシピを紹介していきます。

お豆腐のチーズケーキでカロリーダウン

通常チーズケーキは生クリームやクリームチーズを利用しているためワンカット(1人分)で約300Kcalはする高カロリーなお菓子です。

そこをヨーグルトや豆腐で代用するとヘルシーで美味しいチーズケーキに仕上げることができます。

お豆腐仕立てのチーズケーキ 1人分(1個):78.5kcal 

低カロリースイーツ

材料(カップ8個分)

・無糖ヨーグルト  100g

・絹ごし豆腐    100g

・粉チーズ     大さじ2

・砂糖       60g

・レモン汁     大さじ1

・鶏卵       2個

・小麦粉      大さじ2

作り方

1:絹ごし豆腐はペーパータオルなどで水を切り、ヨーグルト、粉チーズ、砂糖(1/3残しておく)、レモン汁をよく混ぜ合わせます。

2:鶏卵をボウルに入れて泡だて器でほぐします。湯せんでボウルの底を温めながら1分泡立て、1で残しておいた砂糖を加えてさらに2、3分泡立てます。

3:2の卵が全体的にふわっとしてきたら1を加えて空気を含むようにサックリ混ぜ、小麦粉も加えて同じように混ぜ合わせます。

4:粉のダマがなくなったらアルミパックに8分目程度流し入れ、180℃のオーブンで40分程度焼きます。

5:焼けたら冷ましてからラップをして冷蔵庫で冷やしできあがりです。1日置くと生地がしっとりしてより美味しく召し上がれます。

出典:クックパッド http://cookpad.com/recipe/1351884

※画像はイメージです。

簡単!低カロリーゼリー

ゼリーはそのもののカロリーは控えめですが、生クリームや果物などのトッピングの量や甘い味付けにより糖分が多くカロリーが高くなりがちで、注意が必要なお菓子です。

ここでは、糖尿病患者さんでも安心して食べられる低カロリーで、簡単に作れるコーヒーゼリーをご紹介します。大人向けで甘さ控えめの美味しさです。

簡単おとなのコーヒーゼリー 1人分78kcal

低カロリースイーツ

材料(2人分)

・水 250cc

・インスタントコーヒー 8cc

・砂糖 12g

・粉寒天 2g

・生クリーム 20cc

作り方

1:鍋に水と粉寒天を混ぜ、火にかけます。

2:2分ほど沸騰させ、砂糖を加えて溶かします。

3:火を止め、2にインスタントコーヒーを入れて溶かします。

4:3を四角いバットに流し込み、粗熱をとってから冷蔵庫で1~2時間冷やします。

 ※ゼリーのボリュームを出すため、バットはあまり大きすぎないものがgood。

5:生クリームを氷水にあてながら泡立てます。

6:3が固まったら四角く切り、器に盛ります。

 ※四角く2cm角くらいに切ることでボリューム感を出すことができます。

7:上から生クリームを添えできあがりです。

出典:糖尿病とうまくつきあう https://jp.diabetes.sunstar.com/food/recipe/desert/desert04.html

ときには甘いお菓子も。無理のない食事療法を続けていきましょう

スイーツは血糖値をあげる原因となり控えることは糖尿病の食事療法の上で大切なことですが、食事療法は無理をしすぎると続かず、継続していくことが困難になります。

我慢しすぎて衝動的にたくさん食べればカロリー過多になってしまうどころか、当然ながら血糖値にも悪影響が出てしまいます。

スイーツを食べるときは、1日の総摂取カロリーの範囲内で80kcal程度のお菓子を目安に食べることを意識しましょう。

糖尿病の食事療法は、食事の楽しみを損なうことなく、無理なく自分に合った方法で続けていくことが大切です。

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧