糖尿病のレシピ

もうすぐバレンタイン。チョコレート菓子のカロリーと、糖尿病患者さん向けチョコレートレシピ

c0a109a8bbac173083caf26a210db85d_s

もうすぐバレンタイン。街にはバレンタイン用のチョコレートがたくさん販売されています。

しかしチョコレートは砂糖や脂肪分が多く含まれ、言わずと知れた高カロリー食品です。

糖尿病患者さんで食事療法中の方やメタボで甘いものを控えている方には、チョコレートをあげるにも、相手の健康を気遣いながらプレゼントしたいものです。

そこで今回は、チョコレート菓子のカロリーや、糖尿病患者さん向けのチョコレートレシピを紹介します。

糖尿病患者さんはチョコレートはNG?ポリフェノールの健康効果も

糖尿病で食事療法をされている方でも、チョコレートを絶対に食べてはいけない、ということはありません。

それどころか、カカオの純度が高いチョコレートはポリフェノールが豊富に含まれ、血圧を下げたり、血糖値を下げるなどの健康効果が期待できるとされています。

ただし、やはり高カロリーのため食べる量には注意する必要はあります。

あくまで嗜好品として考え、食べる場合には他の食事のカロリーも考慮に入れて、食べ過ぎないように気を付けましょう。

気になるチョコレート菓子のカロリーは?

人気のチョコレート菓子のカロリーを調べてみました。

やはりチョコレート菓子のカロリーは全般的に高め。

糖尿病患者さんの場合は、間食は1単位(=80kcal)程度に留めたいところ。

チョコレートは1日に1かけ、1粒程度にしておきましょう。

商品名カロリー内容量(1箱) 
明治 ミルクチョコレート363kcal65g 
明治 アーモンドチョコレート610kcal105g※25個
LOTTE ガーナチョコレート337kcal60g 
LOTTE クランキー261kcal48g 
ネスレ キットカット96kcal18g※1個包装あたり
明治 きのこの山459kcal82g 
明治 たけのこの里461kcal84g 
ゴディバ トリュフ50~70kcal-※1粒
ゴディバ アイスクリーム312kcal125ml 
ロイズ ポテトチップチョコレート1,093Kcal190g 
ロイズ 生チョコレート(プレシャス)1,691Kcal320g 

砂糖不使用「糖類ゼロ」のチョコレートも。食べ過ぎには注意

LOTTEでは「ゼロ」という名前の商品で、砂糖不使用で「糖類ゼロ」のチョコレートを販売しています。

糖質を控えている方にとってはおすすめのチョコレートと言えますが、カロリーは1個あたり50kcal程度と決して低くはないため、やはり食べ過ぎには注意が必要です。

※食品表示法「糖類ゼロ」は、100gあたりの糖類が0.5g未満

LOTTE「ゼロ」:http://www.lotte.co.jp/products/catalogue/choco/11.html

糖尿病患者さん向け!手作り!おすすめチョコレート菓子レシピ

バレンタインのチョコレートはやっぱり手作り、という方に。

糖尿病患者さんでも安心して食べることができるチョコレートレシピをご紹介します。

「ココアカップケーキ(おから入り)」

cocoa_2【材料】4~5cmサイズのハートのカップ7個分

・ホットケーキミックス   100g

・生おから          50g

・ココア           15g

・パルスイート        20g

・卵            Mサイズ1個

・無調整豆乳         100cc

・バター(サラダ油)      10g

・粉糖(飾り用)         1g

【作り方】

①ボールに卵を割りほぐす。豆乳を入れ良く混ぜる。

②①にホットケーキミックス、ココア、パルスイートを入れ混ぜる。

③バターは電子レンジで溶かす。②の生地が混ざったら溶かしバター(またはサラダ油)を入れ混ぜる

④オーブンを170℃に温めておく

⑤生地をカップに入れる(7等分にする)

⑥170℃で20分焼く(オーブンの機種により時間は調節。中心に楊枝をさし、生地がくっつくようであれば焼き時間を長くする)

⑦焼けたら粗熱を取り、カップからはずす。粉糖をふりかける

【栄養価】  1個分 

カロリー     99kcal

塩分       0.2g

食物繊維     1.7g

糖質       15.2g

ホットケーキミックスを利用するので簡単に混ぜるだけで作ることができます。

生おからは水分が多いので出来上がりはずっしりと重みがあり、食物繊維も多く1個で満足感が得られます。

低カロリー甘味料を使用するとカロリーカットもできるのですが、ここではホットケーキミックスだけでは甘味が足りないので使っています。

甘さ控えめがお好みの方はなしで作るとよりヘルシーになります。

健康を気遣って、素敵なバレンタインを

好きな人に気持ちを伝えたり、お世話になっている人に感謝の気持ちを込めて贈るバレンタインのチョコレート。

相手の健康も気遣いながら、素敵なバレンタインが過ごせると良いですね。

神田由佳

【レシピ開発】神田由佳

管理栄養士、生活習慣病予防指導士

総合病院で糖尿病食の調理に携わり、現在はフリーランスとして専門学校で講師、クリニックで糖尿病の指導、特定保健指導、コラム作成、献立作成などを行う。

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧