糖尿病の食材レシピ

低カロリー食品を上手に利用! ~カテージチーズ編~

糖尿病の食事療法は、医師から指示エネルギー(摂取カロリー)の中で、バランスよく栄養を摂取していくことが大切です。


食事療法を始めたばかりで、それまで食べる量が多かったり味の濃いものばかりを好んで食べてきた方にとっては、ボリュームに満足できなかったり、薄味に感じてしまったりすることもあると思います。
そんな「食事の物足りなさ」は、食材選びや、盛り付け、味付けの工夫で解消していくことができます。


低カロリー食品を用いて、ボリュームをアップ

食材にはそれぞれカロリーがあり、1日の決められた摂取カロリーの範囲内でそれらを摂るには、高カロリーの食材であれば量は少量となり、逆に低カロリーの食材であれば量をたくさん食べることができます。
ボリュームに満足できないという場合には、低カロリー食品を上手く使うことで、お腹が満足する食事をすることができます。


食材それぞれのカロリーや重量は、「糖尿病食事療法のための食品交換表」などに詳しい記載があります。
「食品交換表」は、総合的な食事の栄養計算が分かりやすく、献立作りも楽になるのでおすすめです。


良質なたんぱく質を含む低カロリー食品「カテージチーズ」

今回低カロリー食品として取り上げるのは「カテージチーズ」。
「食品交換表」では、たんぱく質を多く含む食品群である「表3」に分類されます。
「カテージチーズ」は、1単位(=80kcal)は約80gです。


チーズには、「白カビタイプ」「青カビタイプ」「「ウォッシュタイプ」「シェーブルタイプ」などの熟成させたものと、「フレッシュタイプ」の非熟成タイプがあります。


カテージチーズは、非熟成のフレッシュタイプのチーズです。
原料の牛乳を乳酸菌やお酢、酵素などで固め、水を切って作られます。
クリームチーズ、モッツァレラチーズ、マスカルポーネチーズなどもフレッシュタイプです。
水分が多く、爽やかな酸味が特徴で、熟成タイプに比べてカロリーが控えめなのが特徴です。
カテージチーズは、そのままサラダに使ったり、サンドイッチの具材や洋菓子にも用いられます。


かんたん!自宅で作れるカテージチーズ

カテージチーズは、できあがったものが市販されていますが、身近な材料だけで自分で簡単に作ることができます。


◆材料(作りやすい分量)
・牛乳 250cc
・酢  25cc(大さじ1と2/3程度)

1.耐熱ボウルに牛乳を入れ、ラップをせずに電子レンジ(600W)で2分間。50~60℃に温める。
2.1に酢を加えて軽くかきまぜ、5分間ほどおく。
3.牛乳が分離してくるので、サラシでこす。ここでは絞らず、水分が自然に落ちるのを待つ。
  ※ここで出た水分は「ホエー」と呼ばれるもので、栄養成分がたっぷり。
  砂糖やハチミツを入れてヨーグルト風ドリンクとしても美味です。
4.別のボウルに水を入れて、サラシを持って軽くすすいで酢を落とす。
5.さらにサラシを軽く絞ってできあがり。
  ※サラダなどで使用する場合は、少量の塩を混ぜても良い。


カテージチーズを使ったレシピ

カテージチーズの簡単レシピを紹介します。


◎ごぼうチーズ   (カロリー:80kcal)
キャプチャ 材料(4人分)
・ごぼう       約1/2本(120g)
・カッテージチーズ カップ1/2
・スープ       カップ1/3
*固形スープの素1/3コを湯カップ1/3で溶く。
・レモン汁     大さじ1
・オリーブ油    大さじ1
・オリーブ油    適量
・しょうゆ     少々
1.ごぼうは3cm長さのささがきにし、水に15分間さらしてざるに上げ、水気をきる。
2.フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、1を入れて強めの中火でいためる。スープを加えて汁気がなくなるまでいため煮にし、しょうゆ少々をかけて香りづけをし、火を止めて冷ます。
3.器に2を盛り、カッテージチーズをのせる。レモン汁、オリーブ油適量をかけ、好みでしょうゆ少々をかける。
参考:http://www.kyounoryouri.jp/recipe/8285_%E3%81%94%E3%81%BC%E3%81%86%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA.html

いろんな食材で食卓を豊かに。食事療法を楽しもう

食事療法を始めたら、食事の制限のことばかりを考えるのではなく、まず食材に興味を持ってみましょう。
食材の持つ栄養成分や、旬の時期、よりおいしい食べ方などを知っていくことで、より楽しみながら食事療法を続けていくことができます。


今まであまり馴染みのなかった食材も含め、いろいろな食材を取り入れて、食卓を豊かにしていきましょう。

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧