糖尿病のおやつとレシピ

糖尿病の食事療法中にもおすすめ!かんたん手作りおやつ

糖尿病は、食事療法を継続的に行っていくことが重要です。

しかし食事療法を続けていく上で、摂取エネルギー量や栄養素が制限されることによってストレスを感じてしまうこともあるかもしれません。

制限がある中でも、できるだけ食事の満足度を高め、無理なく続けていくことが大切です。

甘いものが好きな方にとっては、すべての嗜好品を制限してしまうのは辛いもの。

しかし食事療法中だからといって、必ずしもおやつを食べてはいけないということはありません。

一日の指示エネルギー(医師により指示される患者さんの 1日に必要なエネルギー)の範囲内で上手に取り入れていきましょう。

かんたん手作りおやつレシピ!

市販のお菓子類はカロリーが糖質や脂質をたくさん含み、カロリーが高いものが多いので、おやつを食べる場合は手作りするのもおすすめです。

手作りすることで、自分が食べられるおやつの量を材料の面からも把握しやすくなるので外食時にも役立ちます。

ここでは、100kcal程度の低カロリーの手作りおやつを紹介します。

◎かぼちゃのチーズケーキ  (カロリー:108kcal 塩分:0.3g(1人分))

img_desert05_01<材料(2人分)>

 ・かぼちゃ  110g

材料A

・カッテージチーズ(裏ごしタイプ) 50g

・ホットケーキミックス粉   2g(小さじ1弱)

・豆乳   小さじ1

・メープルシロップ  10g(小さじ1と半分)

材料B

・アーモンドパウダー 6g(小さじ3)

・シナモン  少々

1.かぼちゃは適当な大きさにカットする。

2.(1)のかぼちゃを器に入れ、ラップをして電子レンジ500Wで約2分間ほど熱する。

3.(2)のかぼちゃを温かいうちに裏ごし、目分量で4:1に分ける。

※かぼちゃは温かいうちに裏ごすとやりやすいです。網目の細かいざるでも手軽に裏ごせます。よりなめらかな舌触りにしたいときは、裏ごし器あるいはざるにガーゼを引いて、数回行うとよりなめらかになります。

4.(3)の4/5に材料A(カッテージチーズ、ホットケーキミックス粉、豆乳、メープルシロップ)を順に入れ、よくかき混ぜる。

5.(3)の1/4に材料Bのアーモンドパウダーを入れ、よくかき混ぜ、材料Bのシナモンを振りかけてよく混ぜる。

6.ハート型のシリコンの器に⑤を敷き、その上に④を乗せ、空気を抜くために数回軽く落とす。

7.200度に温めたオーブンに⑥を入れ約25分焼く。

8.(7)のあら熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。

9.冷蔵庫で冷やしたら、シリコンカップを裏返してお皿にのせて完成。

(参考:https://jp.diabetes.sunstar.com/food/recipe/desert/desert05.html

◎ミルク寒天  (カロリー:70kcal(1人分))

ミルク観点<材料 (容量約70mlのグラス4~5コ分)>

【寒天】

・糸寒天  2g

・水    100ml

・牛乳   カップ1

・砂糖   大さじ2

【こしあんソース】

・こしあん(市販) 50g

・水    大さじ1

・甘納豆  適宜

1.糸寒天はたっぷりの水につけて30分間ほどおき、白っぽくなるまで戻す。

2.糸寒天の水けを絞る。鍋に分量の水を入れ、糸寒天をちぎって加え、中火にかける。

3.箸で混ぜながら寒天を煮溶かす。寒天が箸にひっかからなくなるまで、しっかり溶かす。

4.牛乳の1/4量を加える。箸で混ぜてなじませ、1分間ほど煮る。

5.火を止め、残りの牛乳と砂糖を加えて箸で混ぜ、目の細かいざるでこして粗熱を取る。

6.グラスに分け入れ、冷蔵庫で冷やし固める。

7.こしあんを分量の水で溶いてソースをつくる。

8.3に4を注ぎ、甘納豆をのせる。

(参考:

http://www.kyounoryouri.jp/recipe/17687_%E3%81%82%E3%82%93%E3%81%BF%E3%81%A4.html?cmp=n221

手作りおやつを上手に取り入れよう

これまでの食習慣で、甘いものが好きで間食をたくさんしてきた方にとっては、食事療法は辛いと考えがちです。

確かに、甘いものは糖質を多く含み血糖コントロールには好ましくないので食べ過ぎには注意が必要ですが、3度の食事で調整を行い、指示エネルギーの範囲内で上手に取り入れていきましょう。

ただし、糖尿病の薬物療法などを受けている場合には、間食によって血糖コントロールが乱れてしまう場合もあるので、必ず医師や管理栄養士と相談をしてください。

おやつを手作りすることは、自分が食べても良い量を材料から確認でき食事療法を続けていく上で役立つためおすすめです。

おやつも上手に取り入れて、毎日の食事の満足感を高め、食事療法を楽しみながら続けていきましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧