糖尿病と外食

ダイエット中や糖尿病の治療中でも気軽に食べられる80kcalのコンビニスイーツ ~ファミリーマート編~

ダイエット中や、糖尿病などの治療で甘いものを控えているときでも無性に食べたくなるスイーツ。
我慢が限界を超えてドカッと一気に食べてしまった・・なんて経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。
甘党で、それまでスイーツがストレス解消になっていたような人にとっては、スイーツの制限は大きなストレスですよね。
ストレスを爆発させないよう、「全く食べない」というのではなく、ルールを設けてスイーツを楽しむくらいの余裕を持ちたいものです。


ダイエット中などの間食は80~100kcalくらいが目安。
でも食材のカロリーを全て把握するのは難しいものです。


そんなときはコンビニスイーツがおすすめ。
コンビニスイーツであれば手軽に買うことができ、原材料名やカロリーも明記されているので安心です。


今回は、ファミリーマートの「Sweets+」の低カロリースイーツを、80kcalの量などと一緒にみていきます。

http://www.family.co.jp/goods/sweets/より


◎パンケーキボール 148円(税抜)
hc0g7400000roz45

ふんわりしたメイプル風味のパンケーキ生地の食べやすい一口サイズのスイーツ。
とっても優しい口当たりです。5個全部食べてもたった27kcal!ティータイムのお茶請けにもピッタリです。



◎ジェラート シチリアンレモン 250円(税抜)
hc0g7400000l6zta 

本格派ジェラートとして人気の高いファミリーマートのジェラート。
チョコレートやナッツ系のジェラートは高カロリーですが、かんきつ系のものはカロリー控えめです。
爽やかな酸味と甘みの風味豊かな一品です。1個135kcalなので3分の2程度で80kcalです。



◎本格あんみつ 297円(税抜)
 hc0g7400000rrhfr

寒天、黄桃、パイン、みかん、チェリー、よもぎ白玉、北海道産小豆のつぶあん、ホイップクリームに赤えんどう豆をトッピング。別添の黒蜜をかけて食べる贅沢なあんみつです。
スイーツの中でも比較的低カロリーなあんみつ。全体カロリーは208kcalですが、ホイップクリームとあんこを除けば全部食べても80kcal程度です。



◎和菓撰ミニようかん 煉 60円(税抜)
 hc0g7400000qq2qz

風味豊かな小豆を使用したこしあんの羊羹。1個60円という体価格も魅力です。
個装60gあたり174kcalなので半分を目安にいただきましょう。



◎フロランタン 124円 (税抜)
 hc0g7400000qq4vt

フロランタンとは、クッキー生地にキャラメルでコーティングしたナッツ類を乗せたフランスの焼き菓子です。
ざくざくとした歯触りで食べごたえがあるのが特長です。
1個あたり207kcalなので半分弱が80kcalです。ナッツで腹持ちも◎です。



◎ファミマカフェのコーヒー 93円(税抜)
item01 

最近コンビニに増えてきたセルフカフェ。美味しい本格コーヒーが飲めると人気が高まっています。
ラテ系の飲み物は意外にカロリーが高いので要注意。
甘味やコクがほしいときには、通常のコーヒーにシロップ(1個約23kcal)、ミルク(1個約12kcal)を入れればスイーツ代わりに楽しめます。



美味しそうなスイーツがたくさんありますね。80kcalではまるまる1個を食べられるものは多くはありませんが、家族と分けたり、翌日の楽しみにしたりと一回分の量をきちんと守って食べましょう。
また袋から出してそのまま食べるのではなく、そのときに食べる分をお皿に出して「今からスイーツタイムを楽しむ」というような心持で食べると、少量のスイーツでもより満足感を得やすくなります。


注意したいのは、おやつを食べるときに飲み物を一緒に飲む場合。砂糖やミルクの量には気を付けましょう。せっかくスイーツのカロリーを守っていても、飲み物でカロリー過多になりかねません。


頑張っている自分へのご褒美としてたまには甘いものを食べるとストレスも解消されて、結果的にダイエットや食事制限が成功したというのはよくある話です。
コンビニなどを利用して、賢く美味しく、スイーツを取り入れて行きましょう。

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧