糖尿病の食事コラム

「糖尿病に効くお茶」 本当に効果はあるの?

食事とともに飲みたい トクホのお茶「糖健茶料」

サンスターの「糖健茶料」は、難消化性デキストリンを配合することで糖の吸収を穏やかにするトクホ飲料です。難消化性デキストリンはとうもろこしからつくられる水溶性食物繊維の一種です。

難消化性デキストリンを食事と一緒に摂ると、食事の中に含まれる糖が小腸で吸収される際、糖の吸収スピードがゆるやかになります。

「糖健茶料」は、ウーロン茶風味なのでどんな食事にも合いやすく、粉末なので、外出先に気軽に持ち運んで飲むことができます。またお湯だけでなく、お水でも溶けるので便利。食事のお供として活用したい商品です。

でもお茶だけに頼ってはダメ!

糖尿病の食事制限においては血糖のコントロールが肝要。

このようなお茶を上手に利用して、血糖値をうまくコントロールしていけることは大きな利点といえます。

しかし、お茶はあくまでも補助的なものであり、治療になるわけではありません。

またこれらは、「血糖値を下げる」わけではなく、あくまでも「食後の血糖値があがるスピードをゆるやかにする」ことが目的です。普段の食事療法に加えて、そのお供として飲む程度にとどめ、頼りすぎないように注意しましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧