糖尿病の食事コラム

その痩せ方、本当に大丈夫?糖尿病の危険信号

「糖尿病=太っている」というイメージがあり、自然と痩せていっても問題視しないこともあるかもしれません。

しかし糖尿病患者さんで、食事制限や運動などをしていないにも関わらず気が付いたら痩せていたという場合は要注意なのです。

食事制限もなしに痩せたら危険信号!

糖尿病で食事制限や、運動などをして痩せる場合には、治療は成功に向かっているといっても良いのですが、中には、暴飲暴食を続けていても痩せるというケースがあります。

これはとても危険な「糖代謝の異常」が疑われます。

私たちは、食事から得る栄養(ブドウ糖)が体中の細胞に運ばれることで身体を動かす力(エネルギー)がでます。

これは、ヒトが健康に暮らすためにはなくてはならない、ヒトの代謝機能の1つ「糖代謝」といいます。

糖尿病は本来、この糖代謝がうまくいかない病気です。

糖尿病が進行すると、食べ物をエネルギーに作り変える糖代謝がうまくいかなくなり、食べてもエネルギーにならずに筋肉や脂肪を分解してエネルギーに代えてしまうので痩せてしまうというわけです。

つまり食事制限もしないで痩せてしまう状態は、糖尿病が悪化しているといえるわけです。

心当たりがあればすぐ病院へ。病院での治療は?

もし糖尿病患者さんが食事制限や運動などをせずに痩せてきている場合は、すぐに医師に相談しましょう。

とても危険であることを覚えていただきたいのです。

この状態では、血糖値も上昇しているはずです。

食事制限や運動などをせずに痩せるということは、筋肉に含まれるたんぱく質や脂肪をエネルギーにしようとするので、筋肉や脂肪が落ちてしまう状態です。

糖代謝異常が悪化すると、血中の糖分だけではなく、脂肪のバランスも崩れるので、脂質代謝異常などの合併症を発症しやすくなります。すなわち動脈硬化など血管系の合併症を引き起こしやすくなります。 

血糖値などを正確に把握し、薬(経口血糖降下薬)を増やしたり、インスリンを併用する必要があるかもしれません。

糖尿病だけではなく合併症も疑われますので、ほかの検査や治療も必要になります。

いずれにしても、早く病院にいくことが重要です。

食べても痩せる。他に疑われる病気

食べても痩せてしまうという場合、糖尿病の悪化はもちろん、他にも疑われる病気として、癌(がん)、慢性炎症、代謝異常があげられます。

慢性炎症には、結核などがあげられます。

症状がわかりにくいので、病院で原因を究明することが肝要です。

癌も同様です。

痩せる他に気になる症状が出ない場合もありますので、定期的に他の箇所の健康チェックをすることも忘れてはいけません。

他に体の異常を感じていなくても、食べても痩せるというのは不調の大きなサインと言えます。

痩せてしまうということは細胞がうまく機能していない証拠なので、いずれにしても早急に病院へ行きましょう。

とにかく、何もせずに痩せたらすぐに病院へ

糖尿病では食事や運動によって体重を減らす必要がある場合もありますが、あくまでそれは治療として意図的な減量です。

食事制限や運動をしていないで痩せることは通常では考えづらいため、糖尿病の悪化を意味し、危険な状態であることもあります。

早めに病院に行き、対処することが重要です。

そうならないためにも、日々の食事や運動などをしっかりと継続し、健康的な毎日を送っていきましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧