糖尿病のおやつとレシピ

糖尿病でも食べられるおやつの工夫

おやつ

糖尿病(2型糖尿病)は、ご存知の通り、食生活が大きく影響します。 そのため治療は、規則的な食生活や運動を心がけるとともに、食事療法が大切になります。糖質、カロリーを抑えて、3食バランス良く食事をすればいいのですが、それがなかなか難しいのが現実です。途中でお腹がすいてしまったり、ストレスにもなります。


そこで必要なのが「おやつ」です。おやつは、いわゆるお菓子だけを指すものではなく、食事の合間に摂る食事のことですので、「間食」という呼び方が好ましいでしょう。お菓子は少量であっても、エネルギーや糖質を摂りすぎてしまうので、できるだけ避けることが望ましく、小さい雑穀おにぎりや果物を指示エネルギーの範囲内で摂ると良いです。

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧