積極的な減塩は医療費の削減にもつながる

食塩の摂取量が医療費に影響

英国食品安全局(FSA)では2000年から、食品業界と共に減塩と栄養改善を目的にしたプログラムを開始しました。成人の1日あたりの食品摂取量を6g以下に減らすことを目的に取り組みを始めたところ、目標を設定してから5年後の2006年に、食品に含まれる食塩の量は10~40%程度減少しました。それに伴い、英国人の1日の食塩の平均摂取量も、2003年には9.5gでしたが、2011年には8.1gに減少しています。

この影響は病気のリスクにも反映されていると考えられています。推定では減塩によって脳卒中と虚血性心疾患によって亡くなった人の数は約9,000人減少し、医療費は約15億ポンド(約2,200億円)も減少したといわれています。この大規模な取り組みの成果は、減塩が高血圧の改善につながる可能性を示した、有効な事例の1つといえるでしょう。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし
>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る