食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

牡蠣のみぞれ鍋

【材料(1人分)】※写真は2人分

SONY DSC

・牡蠣(むき身) 70 g
・豆腐 100 g
・春菊 30 g
・長ネギ 20 g
・にんじん 15 g
・しいたけ 2個(30 g)
・えのき 30 g
・大根 150 g
・昆布だし 15cc
・薄口醤油 小さじ1(6 g)
・すだち 1/2個分(果汁5 g)

【作り方】

:牡蠣は分量外の塩少々をふってもみ、流水で洗う。

:豆腐は4等分に切る。春菊は茎の太い部分を切り、2~3等分に切る。長ネギは斜めに3~4cmに切る。にんじんは花型に抜く。しいたけとえのきは石突を切り落とす。大根はすりおろしてザルにあけて水気を切る。

:鍋にだしと醤油を入れ、豆腐、白菜、春菊、長ネギ、にんじん、しいたけ、えのきを入れて、牡蠣、大根おろしをのせて火にかける。

:すだちの果汁を絞って完成。お好みですだちのスライスを添えてもよい。

【栄養価(1人分)】

エネルギー:170kcal
塩分:2.3g
食物繊維:6.9g
糖質:15.5g

牡蠣の鍋といえば土手鍋などが有名ですが、糖尿病の方は、味噌は単位数をカウントしなければならないので注意が必要です。

このレシピでは大根おろしと醤油、すだちでさっぱりといただく鍋に工夫しました。汁をすべて飲むと塩分の摂取量が増えてしまうので、飲みすぎないように注意したり、調味料をつけて食べてもよいでしょう。
醤油の代わりにポン酢や低カロリーなタレでもOKです。

関連レシピ

具だくさん鍋物風スープ

具だくさん鍋物風スープ

>>詳しいレシピはこちら

鶏手羽の参鶏湯

鶏手羽の参鶏湯

>>詳しいレシピはこちら

糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る
×BannerBanner