【医師監修】朝食に飲みたい!牛乳が血糖値におよぼす効果とは?

牛乳が血糖値スパイクを予防する?

2014年に発表された研究においても、食事前にホエイプロテインを摂取することで、2型糖尿病における血糖値スパイクの危険が低減することが示されています。

この実験はテルアビブ大学の研究者らによって行われたもので、15名の2型糖尿病の患者さん(平均年齢は64.1歳)が対象となりました。被験者は2つのグループに分かれ、一方のグループには朝食の前にホエイプロテインのドリンク(250mlの水に50gのホエイを加えたもの)が与えられました。その上で、食後15分、30分、60分、 90分、120分、150分、そして180分の血糖値が計測されました。

2週間にわたる実験の後、ホエイプロテインを摂取したグループはそうでないグループに比べ、食後180分の計測において28%低い血糖値レベルをマークしていました。ホエイプロテインを摂取して30分の間に、ホエイをとらない場合に比べて2倍近くのインスリンが分泌されていることがデータによって示されています。

今回ご紹介した研究結果はいずれも、朝食時や朝食前に牛乳をとることが血糖コントロールに役立つことを示唆するものです。朝の健康習慣にぜひ、牛乳を活用してみてください。

参照・参考
Effect of milk protein intake and casein-to-whey ratio in breakfast meals on postprandial glucose, satiety ratings, and subsequent meal intake – Journal of Dairy Science
Consuming milk at breakfast lowers blood glucose throughout the day: Effects of protein composition and concentration — ScienceDaily
Whey protein before meals reduced blood sugar spikes in type 2 diabetes
Milk protein for improved metabolic health: a review of the evidence | Nutrition & Metabolism | Full Text

1 2 3

注目記事

記事一覧
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

第7回 糖尿病川柳

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る