食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

食感もほろ苦さもおいしい爽やかな甘さのはっさくを楽しもう!

はっさくに含まれる栄養素や働きをご紹介

はっさくは100g45kcalです。くだものは糖質やカロリーも気になりますが、ビタミンの補給にも大切なので食べ過ぎないように注意しながら食生活に取り入れていきたいですね。はっさくの果実の大きさは300~400グラム程度で、廃棄率は35%なので、80kcalを摂りたい場合は1個くらいが目安になるでしょう。計量できればなおいいですね。
また、はっさくに豊富な栄養素として、高血圧予防に役立つカリウムや、抗酸化作用を持つβ-クリプトキサンチンやビタミンCがあります。抗酸化物質は酸化を防ぎ、活性酸素を除去してくれるもので、健康の味方になってくれます。β-クリプトキサンチンは体内でビタミンAとなってのどや鼻などの粘膜に働いて細菌から身体を守るなどの働きもあります。
上品な甘さと酸味がおいしいはっさくは、そのまま食べても、少し手を加えてデザートにしてもいいですし、後味スッキリの爽やかな味わいはサラダやマリネなど料理に用いてもおいしくいただけます。ぜひ、色々な食べ方ではっさくの旬を楽しんでくださいね。

小泉明代小泉明代(こいずみあきよ)

女子栄養大学卒業後、管理栄養士免許取得。
医療機関での栄養指導、保健指導などや、小学校での給食管理、食育などを行った後、フリーランスとして活動を開始。
現在は企業のアドバイザーやレシピ作成、食に関するライティングなどを行っている。

1 2 3

糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る
×BannerBanner