食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

【医師監修】糖尿病患者さんの食事療法にも活躍!「炊き込みごはん」のメリットと注意点

糖尿病患者さんの食事療法。1日に食べるごはんの量の目安は?

糖尿病患者さんの食事療法では、炭水化物・たんぱく質・脂質をはじめ、ビタミンやミネラルなど、いろいろな栄養素をバランスよく食べることが大切です。

もっとも、食べ過ぎは禁物です。では、糖尿病患者さんが1日に食べるお米の量は、どれぐらいを目安にすればよいのでしょうか。1日の炭水化物の摂取量は、摂取エネルギーの50%~60%程度にするのがよいとされています。

1日分の摂取エネルギー量が1600kcalの人の場合、おおよそ800kcal~960kcal程度を炭水化物からとるべきことになります。

お茶碗1杯ぶんのごはん(およそ150g)のエネルギーはおよそ250kcalですから、この人の場合には、1日に軽く3杯~4杯程度までにしておくのがよいといえます。炭水化物はごはん以外のおかずにも含まれていますから、もう少し少なくてもよいでしょう。

1日分の摂取エネルギー量の計算方法は、標準体重と毎日の身体活動量をかけあわせた数値となります。

・1日の摂取エネルギー(kcal)=標準体重(kg)×身体活動量(kcal/kg標準体重)

標準体重は以下の計算式によって決まります。

・標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

身体活動量は、体重1kgあたりに必要なエネルギー量によって以下のように示されます。

・座っていることが多く、活動量の少ない人:25~30kcal
・立ち仕事をするなど、活動量が中程度の人:30~35kcal
・力仕事やスポーツをするなど、活動量が多い人:35~kcal

ご自身の1日分の摂取エネルギー量はどれぐらいが望ましいのか、ぜひ、計算してみてください。

炊き込みごはんにはメリットも!ただし塩分には要注意

炊き込みごはんは、野菜や肉・魚、貝やキノコなど、様々な食材を入れることができるため、お米の量をおさえた上で、タンパク質や食物繊維など他の栄養素も補うことができます。満足度をそこなわずに「かさ増し」して糖質オフをかなえることのできる、健康レシピとしても人気です。

もっとも、味つけに塩分を含む調味料を使うことには注意しておきましょう。厚生労働省では、1日に摂取する塩分量の目標値を男性で8g未満、女性で7g未満と設定しています。ごはんに塩分が含まれる分、他の料理をうす味にして、食事全体で塩分のバランスをとる工夫が必要になります。

白米にくらべて味付きのごはんはお箸が進みやすくなるため、食べ過ぎにも気をつけてください。

Photo

第1回 外食について

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します。

アンケート結果をみる

第1回 外食について

Photo

今回のアンケートでは糖尿病患者さんと糖尿病予備群の方に「外食」についてお聞きしました!
外食の頻度や、外食で困っていること、さらにみなさんが実践しているメニューの選び方など外食時の工夫についてもご紹介します。

アンケート結果をみる

1 2 3

外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス
外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る
×BannerBanner