糖尿病の食事コラム

植物性食品の食事が肥満を改善。研究が示す効果とは?

植物性食品

野菜や全粒穀物などの植物性食品を中心とした食事は、糖尿病の予防や改善などを含めた健康面全般で、さまざまな形でメリットがあることが示されています。 

2017年には「植物性食品をベースとした食事スタイルが減量の効率を高める効果がある」というPCRM(責任ある医療のための医師委員会)による研究の結果が、米国の栄養学会誌に掲載されました。

この研究の内容は植物性食品の効果を示す新しい事例であり、糖尿病に向き合う多くの人にとって有効です。

今回は、この研究の結果を中心に、植物性食品に期待できるメリットを紹介します。食事療法に有効といわれている理由を把握して、毎日の食事に積極的に取り入れましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧