糖尿病のレシピ

血糖値を下げる効果に期待大!?「梅酢」に隠れた糖尿病改善への効果とおすすめレシピ

00005.梅酢_roof

梅酢とは、梅干しを作るときに塩漬けにする段階で出てくる梅の酸っぱいエキスのこと。昔からたくさんの健康効果が期待できるとドリンクや料理で親しまれています。


ここでは、梅酢の効果と作り方、また梅酢を使った簡単レシピをご紹介します。


梅肉エキスとお酢のパワーで血糖降下作用

梅肉のエキスにはインスリン感受性を良くする、血糖値を下げる、脂質の代謝を助けるなど多くの効果が期待できるとして、現在、研究が進められています。また、梅酢に使うお酢にも、食後血糖値を緩やかにする、中性脂肪を減らす、血圧を下げるなど多くの健康効果あります。


梅酢は、梅肉エキスとお酢のパワーを併せ持っているため、糖尿病をはじめ生活習慣病の予防や改善の強い味方と言えます。


手作りできる!梅酢を作ってみよう

寝かせる期間が1カ月ほど必要ですが、梅酢は簡単に手作りできます。青梅が安く出回る時期に仕込んでみては?


<用意するもの>

  • ・漬け込み用の瓶
  • ・焼酎(消毒用) 適量
  • ・青梅  1㎏
  • ・酢  1.8ℓ
  • ・氷砂糖  約1㎏

:よく洗った瓶を焼酎で消毒する
:梅の実を洗ってヘタをとり、水気をよく拭き取る
:瓶の中に、②の梅と氷砂糖を交互に入れる
:③に酢を注いでふたをし、冷暗所で1カ月ほど寝かせて出来上がり

梅酢を使った簡単おすすめレシピ


◎梅酢ドレッシング

梅酢1:油1~4(お好みで調節)を瓶に入れてシェイクすれば完成!油はごま油、オリーブ油など、できるだけヘルシーなものが◎。


◎大根の即席漬け

大根を5mmの厚さに切って、梅酢に漬け込むだけ。ひたひたの状態で漬けておけば、1カ月は冷蔵庫で保管可能。


◎梅酢で浅漬け

きゅうり、なす、みょうがなど、お好みの具材を切って梅酢と一緒に袋に入れ、2~3分揉む。水気を切ってから器に盛る。千切りした青じそを添えれば、味のアクセントに!


◎梅酢チャーハン

ご飯300gを炒め、ちりめんじゃこ75gを加えて混ぜる。味付けに梅酢大さじ1・醤油大さじ1を回し入れたら、よく混ぜて味をなじませる。火を止め、お好みで白ごまや青じそのみじん切りなどを加えて完成。


◎ゴーヤの梅酢和え

ゴーヤをスライスして梅酢と和えるだけ。揉み込んだり、漬け込まなくても、おいしく仕上がるのでお手軽。


◎タコ梅酢

お刺身用のタコ150gに、赤梅酢大さじ2・砂糖大さじ1を和える。甘酸っぱい味が食欲をそそる一品。


梅酢の健康パワーをたくさんの料理で取り入れて!

梅酢を醤油さしに入れてテーブルに置いておけば、お醤油やソース、市販のドレッシングの代わりに使うことができ、減塩にも一役買います。お料理の隠し味としても色々な使い方がありそうですね。味だけでなく臭みを消す効果もあるので、お魚料理などでも活躍しますよ。


ぜひ、梅酢の健康パワーを日々の食事に取り入れてみてください。

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

関連記事一覧