糖尿病と外食

ラーメンは高カロリーの代表格?!有名人気ラーメン店のカロリーを比較!

日本のラーメンはアジアやニューヨークなど世界に進出を果たし、本家中国の「拉麺」とも異なる独特のラーメン文化を確立しています。
ラーメン店がひしめく激戦区東京では、有名店では1時間、2時間の行列ができるお店も少なくありません。


そんな日本人にとって欠かせないラーメンですが、やはり気になるのがカロリーです。
高カロリーの代表格とも言えるラーメン。
でも無性に食べたくなることがありますよね。
ダイエットや生活習慣病を気にしている人は特に、有名店のラーメンのカロリーは知っておきたいところです。


そこで今回は、有名人気ラーメン店のカロリーを比較してみたいと思います。


あのラーメン店のカロリーは?!

チェーン展開も行っている人気のラーメン店。
オーソドックスな定番メニューと、味の違いや大盛りなど、各店舗2メニューずつをピックアップして比べてみました。


ラーメン表
※各店舗によってカロリーは異なることがあります。ご参考程度にお考えください。

ラーメンを食べるときは、トッピングや替え玉に注意

いかがでしょうか。
高カロリーのイメージが強いラーメン。
「ラーメン二郎」のように、最もオーソドックスなメニューでも1,000kcalを越えるラーメンもあります。
シンプルであっさりのラーメンであれば意外にもさほどカロリーは高くないことが分かると思います。


ここで注意したいのがトッピングです。
煮玉子やチャーシュー、メンマ、もやし、わかめ、ネギ、コーン、バターなどいろいろなトッピングができるラーメン店が多いと思います。
好みのままにトッピングを乗せていると当然カロリーもその分上乗せになってしまいます。
こってりめのラーメンを選んだときはトッピングをしない、野菜や海藻のトッピングはOK、など自分でルールを決めて上手に選びましょう。


また、ダイエット中の方は替え玉は厳禁。
ラーメンにおけるカロリーは、やはり麺が最も多くのカロリーを占めています。
替え玉無料!などの言葉にも踊らされず、1杯のラーメンを楽しみましょう。
また、他にもう一品サラダなどを追加して満足感を得ても良いですね。


早食いは避ける!スープは残す!

ラーメンは確かに、ゆっくりと時間をかけてよく噛んで食べる、というようなものではないかもしれません。
しかし、あまり早食いをし過ぎると満腹中枢が満腹を察知するまでに食べ終わってしまい、つい替え玉などをしたくなってしまいます。
なるべくゆっくり、味わいを楽しむように食べましょう。
また、おいしいスープも塩分がたっぷり含まれていることが多いので、全部は飲まず残すように心がけましょう。


ダイエット中などでも、ときどき無性に食べたくなるラーメン。
外食でラーメンを食べる場合には、カロリーを知って、トッピングやスープなどのことも考慮に入れて賢く食べましょう。


※参照元URL上から

http://www.ichiran.co.jp/cgi-bin/contact/q_a/q_a2.html


http://ramen-calorie.com/


http://hidakaya.hiday.co.jp/pdf/energy.pdf

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧