食材選びをお助け!糖質、脂質、アルコールに注目した「食材早見表」はこちらから

春限定!ヘルシーでおいしい旬の生わかめを楽しもう!

春を告げる生わかめはこの時期だけのお楽しみ!

わかめは乾物や塩蔵物などで一年中手にすることができ、ふりかけやインスタント食品などの加工品でもよく見かけますね。そのため「旬があるの?」と思われるかもしれませんが、わかめにも旬があり、3~5月の春が旬です。わかめは低カロリーでありながら、健康に役立つ栄養素が豊富に含まれています。今回はそんなわかめの栄養や豆知識をご紹介します!

わかめの歴史、栄養価って?

わかめはコンブ目の海藻で、日本近海の特産で古くから日本人に親しまれてきました。海藻類でわかめは最も生産量が多く、塩蔵したものや乾燥したものも出回っているので毎日の食卓でもおなじみですね。その歴史は古く、縄文時代から食べられていたそうです。漢字では「若布」や「和布」などと書きます。

わかめは11月頃に発芽し初夏に成熟しますが若いほど味がよく、また早春の時期が一番味がよいと言われ旬は3~5月頃になります。塩蔵わかめや乾燥わかめなどは一年中楽しめますが、旬の時期には生のわかめの季節限定のおいしさを味わいたいですね。
ちなみに5月5日はわかめの日として日本わかめ協会に定められています。

また、わかめと一口に言っても、一般的にわかめとして食されている部分は葉体と言われる部分で、中芯の部分がくきわかめで、胞子葉というわかめの茎の下部にあるひだひだの部分がめかぶとなっています。

わかめ(原藻、生)の可食部100g当たりの主な栄養価は以下です。
食品成分表では生のわかめの他に、乾燥わかめや塩蔵わかめ、カットわかめ、くきわかめなどの栄養価も確認できるので、チェックしてみるとよいでしょう。

エネルギー 16kcal
水分 89.0%
たんぱく質 1.9g
脂質 0.2g
炭水化物 5.6g
カリウム 730mg
カルシウム 100mg
マグネシウム 110mg
リン 36mg
鉄 0.7mg
亜鉛 0.3mg
銅 0.02mg
β-カロテン 930㎍
β-クリプトキサンチン 26㎍
αトコフェロール 0.1mg
ビタミンB1 0.07mg
ビタミンB2 0.18mg
ナイアシン 0.9mg
ビタミンB6 0.03mg
葉酸 29㎍
パントテン酸 0.39mg
ビタミンC 15mg
食物繊維総量 3.6g
食塩相当量 1.5g     など
(参照:食品成分データベース/文部科学省)

1 2 3

外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス
外食が多い?甘い物が好き?シーン別「今の食事」改善アドバイス

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?

体の異変に早めに気づくためには日々の自己管理が大切ですよね。体重や血糖値、HbA1cの推移を把握しておくのも管理方法の1つだと思います。
そこで、今回のテーマはこちら!
「手帳派?アプリ派?血糖値やHbA1cなどの記録方法は?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る
×BannerBanner