心臓病の食事療法に有効なアントシアニン。食べる時の注意点は?

アントシアニン 心臓病

糖尿病は高血圧、高コレステロール血症、喫煙、不整脈などの病気と並んで、心臓病や脳卒中といった呼吸器疾患の発症リスクを高める危険な症状です。

しかし、近年発表された調査では、糖尿病患者さんの5割以上が、糖尿病が呼吸器疾患の発症リスクであることを知らないことが明らかになっています。

ここでは心臓病の食事療法に取り入れてほしい情報のひとつとして、心臓病の発症リスク低下が期待できると言われているアントシアニンのメリットと、摂取する際に注意してほしいポイントを紹介します。

1 2 3

注目記事

記事一覧
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る