糖尿病の食事コラム

大豆の効果に世界が注目。食事療法に活用しましょう

大豆

大豆は昔から日本やアジアで日常的に食べられている食品です。しかし近年では健康に良い効果があることが広く認知されるようになり、納豆や豆腐といった大豆を使った食品が世界的にも注目されています。

また、大豆をたくさん食べている地域の人はそうではない地域の人に比べて、高血圧の割合が少なく、さらにコレステロール値が低い傾向があるなど、健康にも好影響があるという指摘もあります。

今回は、世界的にも広まりつつある大豆のメリットをお伝えします。どのような効果があるのかを把握して、食事療法の向上に役立てましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧