糖尿病の食材レシピ

夏はビタミンC不足に要注意!ビタミンCの作用と、ビタミンCたっぷりレシピ

ビタミンCといえば、風邪予防や、お肌の美白、免疫力アップなど、さまざまな効果が知られています。

ビタミンCが不足すると肌荒れや夏バテなど体の不調をきたしやすくなります。

しかし、特に暑い夏はビタミンCが体に不足しがち。

今回は、不足がちになる理由や、ビタミンCの詳しい作用、またビタミンCがたっぷり摂れるレシピなどを紹介します。

なぜ特に夏がビタミンC不足になるの?

まずこれは夏バテの原因とも言えますが、夏は暑さで食欲が落ち、冷たいものなど偏った食事になりがちで、そうなると栄養も偏ってしまいます。

そのため夏はビタミンなどの微量栄養素が全体的に不足しがちになります。

また特にビタミンCは、暑さや冷房、紫外線などから受けるストレスによって大量に消費されてしまうことや、水溶性のため吸収される前に汗や尿と一緒に体外に流れ出てしまうことなどもあり、夏は慢性的に体に足りていない状態が起きてしまうのです。

ビタミンCのすごい効果!

ビタミンCは私たちの健康を保つために非常に重要な役割を担っています。

その重要な役割の一つが「抗酸化作用」。体の中で増えすぎると細胞の機能を低下させたり、老化を促すと言われている「活性酸素」というものがありますが、この活性酸素を無害化してくれる作用が「抗酸化作用」です。

そしてビタミンCには強力な抗酸化作用があるのです。

また他にもビタミンCには次のような効果があり、体のいたるところで大活躍しているのです。

  • ・免疫機能を高める
  • ・鉄の吸収を促す
  • ・カルシウムの吸収・代謝を助ける
  • ・アルコールの分解を助ける
  • ・ストレスを軽減するホルモンの生成を促す
  • ・コラーゲンの生成を促し、メラニン生成の抑制する(美肌効果)

ビタミンCは毎日こまめに補給!

先ほども説明しましたが、ビタミンCは体内消費や汗・尿で毎日失われていきます。そのため、日々の食事の中で意識的に摂取するように心がけましょう。

◎ビタミンCが多く含まれる食べ物

 ・ピーマン

 ・ブロッコリー

 ・さやえんどう

 ・ゴーヤ

 ・レモン

 ・ゆず

 ・アセロラ

 ・いちご  など

ビタミンCがたっぷり摂れる!カンタンおすすめレシピ!

◎ピーマンとパプリカの簡単マリネ (カロリー:66kcal 塩分:0.3g(1人分))

img_sidedish13_popup<材料(2人分)>

・ピーマン 40g

・パプリカ 40g

・たまねぎ 10g

・セロリ 5g

・オリーブ油 4g

・塩 0.3g

・酢 8g

・こしょう 少々

1.ピーマン、赤ピーマンのへたを取り千切りにする。

2.たまねぎを薄くスライスする。

3.セロリは繊維にそって薄切りにする。

4.野菜をオリーブ油でさっと炒める。

※炒めすぎるとピーマンの色が飛ぶのでご注意ください。

5.塩・こしょうで味を整える。

6.粗熱をとって酢を入れる。

7.冷蔵庫で冷やす。

※冷やす時間はお好みで調整ください。

https://jp.diabetes.sunstar.com/food/recipe/sidedish/sidedish13.htmlより)

食事に気を使いながらも、ときにはサプリメントで補充しても

ビタミンCはできれば日々の食事の中で摂ることが望ましいですが、時にはサプリメントなどを利用して摂取するのも良いでしょう。多少摂り過ぎたとしても、尿で排出されてしまいます。

毎日しっかりと体にビタミンCを補充して、暑い夏を乗り切りましょう。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧