糖尿病の食事コラム

塩分の摂り過ぎは心血管疾患の重大リスク! 塩分摂取量を守るコツとは?

1227_16

塩は、人間の生命維持のために必要不可欠であるとともに、料理の味を決める大切な調味料です。しかし塩の摂りすぎは高血圧を引き起こし、重大な心血管疾患の発症にもつながることが指摘されています。

特に糖尿病患者さんは、高血圧の症状を合併しやすい傾向にあるため、毎日の塩分摂取量を適切な値におさめることは、体調管理のための重要課題となります。

ここでは塩分の過剰摂取によるリスクを示す調査結果を紹介すると共に、適切な塩分量を守るために、日々の食事で意識したい減塩のコツを紹介します。

PR注目記事

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧