糖尿病の食事コラム

今日からスタンダード!「塩レモン」の健康効果と活用術

fd401232

2014年にヒットした「塩レモン」。一過性のブームで終わらせるのはもったいない!調味料として幅広く使うことができ、健康効果にも優れたものなのです。
ここでは、「塩レモン」の魅力と活用術についてご紹介します。


塩レモンの故郷はモロッコ。多くの料理で大活躍の調味料!減塩効果も

塩レモンは、モロッコをはじめとする北アフリカ周辺でタジン鍋などの煮込み料理や肉・魚料理のソース、サラダのドレッシングなど、古くから幅広く使われている調味料。ジブラルタル海峡をわたりスペインへ、ヨーロッパ全土へ、世界中へ広まっています。


塩レモンは言ってみればレモンの塩漬け。丸ごとレモンを塩で漬けて発酵させた食品です。
レモンの酸味のおかげで塩だけを使うよりも少ない量で味が決まるため、減塩効果も期待できます。そのため昨今の健康ブームもあって、日本でも火が付いたのですね。


ダイエット、疲労回復、高血圧予防、美容・・・塩レモンの健康効果

では、塩レモンにはどんな健康効果があるのでしょうか。


レモンの酸っぱさのもとになっているクエン酸は、糖の代謝を促しエネルギーを効率よく消費してくれるためダイエット効果が期待できます。またクエン酸には疲労回復効果も。さらに、豊富に含まれるビタミンCは、お肌や髪の健康、風邪予防などに役立ちます。また、塩のみを使うよりも塩分量を減らすことができるため、むくみや高血圧の予防にも期待できるのです。
県立広島大学保健福祉学部の研究では、レモンには動脈硬化予防や肥満予防などメタボ対策にも有効であるという結果が報告されているそうです。

調味料ひとつで驚くべき健康効果と言えるでしょう。


とってもカンタン!塩レモンの作り方

同じ調味料である味噌もしょうゆも自分で作るのは難しいですよね。でも、塩レモンは誰でもカンタンに作ることができます。


【材料(作りやすい分量)】

・国産レモン 5個(約800~900g)
 丸ごと漬けるので、皮にワックスや防腐剤、農薬等のない国産のものを利用しましょう。
・塩 80~100g(レモンの重さの1/10程度)
 精製された塩よりも、粗塩がおすすめ。角のない味に仕上がります。
・空き瓶 1個(750ml~1Lの容量のもの)
 あらかじめよく煮沸消毒しておきましょう。


【作り方】

1.レモンはよく洗って水けをふく。
2.レモンのヘタを切り落とし、乱切り、輪切りを交えてカットする。
3.瓶に、塩・レモン・塩・レモン・・・と交互に入れ、最後に塩がくるようにして瓶のふたを閉める。
4.冷暗所、夏ならば冷蔵庫で1、2週間以上寝かせる。その間、日に1度は瓶を上下にゆすって塩をなじませる。寝かせるほど味はまろやかに。
※瓶から取り出す際は、清潔なスプーンなどを使ってください。


絶品!カンタン!塩レモン活用レシピ

肉にも魚にも野菜にも、くだものにも!何でも合わせることができる塩レモン。
おすすめレシピの一例をご紹介します。

◎海老とアスパラガスの塩レモン炒め

材 料(2〜3人分)
海老 450g
アスパラガス 8本
輪切りの塩レモン 1枚
酒 少々
オリーブオイル 大さじ1
おろしにんにく 小さじ1/2
ドライバジル 少々


※詳しいレシピは下記URLをご参照ください。
楽天レシピ


◎塩レモンで作るイチゴジャム

Strawberry_jam
※イメージ画像です
 

材 料(作りやすい分量)
イチゴ 1パック
塩レモン お好みで1個〜
砂糖 大さじ3


※詳しいレシピは下記URLをご参照ください。
クックパッド


くれぐれも摂り過ぎには注意。

健康に良く、減塩効果もある塩レモン。うまく使えば糖尿病患者さんの食事療法の強い味方にもなるでしょう。
ただし、もちろん摂り過ぎれば塩分量オーバーにもつながります。またおいしい料理ができたからと言って食べ過ぎにも注意。
基本のカロリーや栄養バランスに気を付けながら上手に取り入れてくださいね!

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧