【医師監修】和食を取り入れて、生活習慣病を改善しましょう

和食の長所を取り入れて、生活習慣病を改善しましょう

欧米化が進む以前に日本人の基本的な食事スタイルだった和食には、次のような特徴があります。

・脂質が少ない
・野菜料理が多い
・主食、主菜、副菜のバランスが良い
・塩分の量が多い

塩分の摂りすぎには注意する必要がありますが、和食は欧米化した食習慣に比べて体に良い特徴を備えており、肥満の防止に役立っています。

また、和食は2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。次の和食のメリットが評価されたことが、登録につながったと考えられています。

・地域に根差した多様な食材があり、それらを活かした料理が充実している。
・食材の良さを活かすための調理技術や道具が発達している。
・一汁三菜を基本とする、栄養バランスのとれた食事スタイル。
・うま味を効果的に使うことで動物性油脂が抑えられており、肥満の減少と長寿に役立っている。
・飾りつけや器によって、自然の美しさや季節感が表現されている。
・年中行事との関わりを通じて発展した食文化であり、家族や地域の絆を深める役割も担っている。

評価のポイントの中には「一汁三菜」や「うま味の活用」といった健康の向上につながる要素も含まれており、和食の大きな長所であることが示されています。こうした和食の特長を積極的に取り入れることが、食習慣の改善につながると考えられています。

今回の記事で参考にした東海地域食糧自給率向上研究会での講演の資料は、東海農政局の公式ウェブサイトから閲覧することができます。ここで紹介した情報のほかにも、食事と生活習慣病との関係や、和食のメリット、バランスのとれた食事を摂る際のポイントを掲載しているので、食習慣の改善に役立てることができます。

日本の伝統的な食習慣を重視することで、生活習慣病の予防や改善につながる可能性があります。和食の長所に注目しつつ、食生活を見直しましょう。

参照・参考
平成27年度東海地域食料自給率向上研究会:東海農政局
和食(Washoku)と生活習慣病について
生活習慣病 | e-ヘルスネット 情報提供

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし
>> 正解はこちら

記事ランキング

カテゴリ一覧

毎週届く 糖尿病関連ニュースレター便利な糖尿病サポートツールもご利用いただけます 糖尿病適応度チェック 16問の質問に答えて、あなたと糖尿病の関係を確認してみませんか?

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る