糖尿病と外食

外食比較!500~600kcal台の和定食をチェック!

ダイエットや糖尿病などの食事療法中、外食するなら「洋食より和食」がおすすめ。

オムライスやハンバーグなど、脂肪が多い洋食メニューはどうしてもカロリーの摂り過ぎになりがちです。

小鉢などが複数ついたヘルシーな和定食は、栄養バランスも良いものが多くおすすめです。

そこで今回は、人気チェーン店のグランドメニューの「和定食」に注目して、500~600kcal台のメニューを見ていきたいと思います。

参考にしてみてくださいね。

和定食、メインは魚の定食がおすすめ!

ここでは、主食、主菜、副菜、汁物が揃った定食ものをピックアップしています。

外食ではワンプレートや丼ものが多く栄養が偏りがちですが、こういった品目豊富の定食は自ずと栄養バランスも整ってきます。

和定食

今回500~600kcal台のメニューをピックアップしましたが、メインの主菜はほとんど魚です。

肉料理はカロリーが高いので注意が必要です。

また、「和定食は低カロリー」というイメージがある方も多いかもしれませんが、肉料理に加え、天ぷらやフライなどの揚げ物も高カロリーです。

中には和定食でも1食で1,000kcalを超えるメニューもたくさんありますので、メニュー選びの際にはしっかりとカロリーをチェックする習慣を付けましょう。

ごはんのおかわりは厳禁!塩分量も注意が必要

定食屋さんでよくある「ごはんおかわり無料」。

ごはんはカロリーも高く、血糖値も上げやすいのでおかわりは厳禁です。

できれば注文時に少な目でオーダーできると良いですね。

また、先ほどのカロリー表を見ても分かる通り、和定食では塩分量の多い傾向にあります。

余分にソースやしょうゆをかけない、タレなどを残すといったことを心がけましょう。

外食をする場合には、他の食事で調整を

食事療法などで一日に摂取するカロリーや栄養素が決められている場合、外食をするならば他の食事でカロリーや栄養素を調整する必要があります。

ただし、食事を抜いたり、3食を極端な配分にしたりすることはNGです。

また外食は、野菜の摂取が少ないことが多いので、他の食事で多めに摂るように心がけましょう。

1日のカロリー、栄養バランスを考え、外食も上手く取り入れていけるといいですね。

参考サイト:

http://skylark.page-view.jp/140807_gusto/pageview/pageview.html#page_num=15

https://www.sato-restaurant-systems.co.jp/shop/sato/g-menu1_02.html#menu

http://www.ootoya.com/menu.asp?tcid=1


http://www.dennys.jp/dny/menu/dennys/japanese/index.html

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧