【医師監修】血糖値上昇を抑える研究結果も!「味噌汁」が糖尿病患者さんにおすすめの理由

味噌汁におすすめの具材は?

日々の食卓に味噌汁を取り入れるには、どんな具材を選べばよいのでしょうか?キャベツや玉ねぎ、にんじんなど野菜をたっぷり入れた具沢山の味噌汁はメインのおかずとしても十分な食べ応えがあり、しっかりかんで食べることにもなるため、糖尿病の患者さんにおすすめのメニューです。

また、ぬめりのある食感が楽しいなめこなど、糖質や塩分の吸収を抑える水溶性食物繊維が豊富に含まれる食品もおすすめの具材のひとつです。

一方、お麩は味噌汁の具としてよく使われるものではありますが、グルテンからできているため糖質が高く、あまりたくさん入れることはおすすめできません。じゃがいも・さつまいものようなデンプンの多い食品も、入れるときにはほどほどの量にしておきましょう。

塩分のとりすぎには要注意

味噌汁に血圧上昇を抑える効果があるとはいっても、塩分の摂取量に無頓着でいていいわけではありません。

厚生労働省が定める日本人の食事摂取基準(2015年版)では、塩分摂取の目安として18歳以上の男性で1日8.0g未満、女性で7.0g未満という基準を掲げています。高血圧の方の場合はさらに低く、1日6.0g未満と定められています。

味噌汁をつくるときにはかつおや昆布など、だしのうまみを活かし、味噌を入れすぎないように気をつけましょう。しょっぱすぎる味噌汁には、やはり注意すべきなのです。

血圧や血糖値の上昇を抑える働きを持つ味噌汁は、糖尿病患者さんが積極的にとりたいメニューであるといえます。減塩とのバランスには注意しつつ、日々の食卓にぜひ取り入れてみてください。

1 2 3

注目記事

記事一覧
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る