糖尿病の食事コラム

旬の食材は、栄養も味も満点!冬に食べたい食材とは?

最近では、野菜などの栽培技術や魚介類の養殖技術が発達し、ほとんどの食材が季節を問わずに手に入れることができます。
しかしそれぞれの食材には本来の「旬」があります。


今回は、「旬」の食材の持つパワーと、冬に旬を迎える食材について紹介していきます。


旬の食材はイイコト尽くし!

旬の食材は次のようなメリットがあり、まさにイイコト尽くしです。


  1. 1.値段が安い!
     旬の時期にはたくさんの収穫があるため、旬でない時期に比べて市場に出回る量が増え、
     価格が下がります。

  2. 2.鮮度が良い!
     流通量、消費量ともに上がるので、店での商品の回転が高まり、
     新鮮なものが手に入れやすい状態になります。

  3. 3.味が濃くなって美味しい!
     旬の時期には、糖度やうま味、香りなどが、旬でない時期に比べて全体的に上がります。
     味がぎゅっと詰まっているので、調味料を控えることにもつながります。

  4. 4.栄養価も上がる!
     特に野菜のビタミンCやβカロテン、魚の脂肪分などは旬とそうでない時期の差は大きくなります。
     旬を知っていることで効率よく栄養素を摂取することができます。

このように、旬の食材は価格も鮮度も味も栄養価も言うことなし。自分がよく使う食材だけでも旬の時期を押さえておくと良いですね。


冬に旬を迎える食材は?

冬が旬の野菜やくだものは、寒さに耐えるため糖度が上がり、味が濃縮されます。
また特に冬が旬の根菜などには体を温める作用もあります。
ビタミンなどの含有率も高くなるので、寒い時期の風邪予防にもうってつけ。
また魚介類も、良質な脂肪分を蓄え、アミノ酸が増すため、旬の時期には味が格段に良くなります。


※産地や品種によって旬の時期が異なるものもあります。


◎冬が旬の野菜

  •  ・はくさい
  •  ・キャベツ
  •  ・こまつな
  •  ・ちんげんさい
  •  ・ほうれん草
  •  ・春菊
  •  ・ねぎ
  •  ・にんじん
  •  ・ごぼう
  •  ・さつまいも
  •  ・かぼちゃ
  •  ・だいこん
  •  ・れんこん    など

◎冬が旬のくだもの

  •  ・みかん
  •  ・キウイ(国産)
  •  ・はっさく
  •  ・ゆず
  •  ・りんご
  •  ・レモン    など

◎冬が旬の魚介類

  •  ・さば
  •  ・さわら
  •  ・ししゃも
  •  ・たら
  •  ・きんめだい
  •  ・ぶり
  •  ・ひらめ
  •  ・あんこう
  •  ・あまえび
  •  ・やりいか
  •  ・あさり
  •  ・しじみ
  •  ・ずわいがに、タラバガニ、けがに
  •  ・ほたて
  •  ・のり    など

栄養素を丸ごと摂るには、鍋や煮込み料理がおすすめ!

ビタミンCやビタミンB群は水溶性で、調理法によってはせっかくの栄養素が流れ出てしまって損なわれがちになります。
なるべく丸ごと栄養素が取れるよう、汁ごと食べられる鍋や、シチューなど煮込み料理がオススメ。
こういった料理でみんなで食卓を囲めば、心も体もぽかぽかになります。


旬の食材をチェックして、おいしく味わい尽くし、元気に冬を乗り切りましょう。

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧