健康面でのメリットもたくさん。京野菜の特長は?

京野菜には食事療法に役立つ成分が豊富

「九条ネギ」はスーパーマーケットなどで取り扱っているケースもあり、比較的入手しやすい京野菜の1つといえるでしょう。まっすぐに伸びた緑の葉はやわらかく、甘味があるのが特徴です。この九条ネギの緑の葉には、カロテンやビタミンB1、ビタミンB2が多く含まれています。βーカロテンの血中濃度が高い人は糖尿病のリスクが低いという研究結果が報告されており、2型糖尿病の治療や予防に有効な成分だと考えられています。ビタミンB2は水に溶けやすいビタミンの1つで、動脈硬化を引き起こす過酸化脂質を分解したり、コレステロールを下げるなどの効果があるといわれています。

平成21年にデビューしたばかりの新しい京野菜で、若どりの金時にんじんである「京かんざし」にも、食事療法に有効な成分が含まれています。あざやかな赤い色をした根の部分には、カロテノイドの1種であるリコピンが多くふくまれています。リコピンは体の中で抗酸化物質として働き、動脈硬化の予防や脂質異常の改善、生活習慣病の予防といった、数多くの効果が期待されています。

1 2 3

注目記事

記事一覧
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「緑でサラナ」
健康道場「緑でサラナ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし
>> 正解はこちら
第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る