糖尿病と外食

外食比較!中華料理チェーン店の炒め物のカロリーを比較

中華料理は、全般的に油をたくさん使っているので高カロリーのイメージがあると思います。
糖尿病の食事療法を行っていたり、ダイエット中の方にとっては、カロリーが分かりづらい外食の中華は大敵と言えるかもしれません。
そんなときは、よく食べるメニューのだいたいのカロリーを把握しておけば、自分が食べても良い量が分かって安心です。


ここでは、人気中華料理チェーン店のバーミヤン、日高屋、餃子の王将の炒め物メニューにフォーカスしてカロリーと塩分量を見ていきます。


炒め物は、野菜メニューを積極的に選ぼう 。塩分量、総カロリーも要チェック!

人気チェーン店のグランドメニューの炒め物のカロリーと塩分量をまとめました。
炒め物は油を多く使うのでカロリーが高くなりがちですが、野菜炒めなどを選べば、日々の食事で不足しがちな野菜をたっぷりと摂ることができます。
ただし、外食時の炒め物の塩分量は要注意。炒め物のタレはなるべく残し、主食はラーメンやチャーハンなどではなく、白いご飯にするなど1食で塩分を摂り過ぎないように注意しましょう。
また主菜だけでなく、主食や副菜も合わせた総カロリーも要チェックです。


人気中華料理チェーン店 炒め物カロリー&塩分比較


店名

メニュー

カロリー

塩分量

バーミヤン

本格焼き餃子(5個)

423kcal

1.5g

たっぷり野菜炒め

349kcal

3.2g

ニラと玉子の挽肉あんかけ

640kcal

2.9g

海老の濃厚チリソース

414kcal

2.5g

海老と野菜の特製マヨネーズ~青山椒ソース添え~

742kcal

2.2g

鶏肉のカシューナッツ炒め

670kcal

2.7g

日高屋

野菜炒め

388kcal

3.6g

肉野菜炒め

490kcal

3.7g

生姜焼き

556kcal

3.6g

ニラレバ炒め

487kcal

3.8g

バクダン炒め

534kcal

5.3g

ガッツリホルモン

381kcal

3.9g

餃子の王将

木須肉(肉と玉子のいりつけ)

696kcal

炒白菜(いろいろ野菜炒め)

303kcal

もやし炒め

290kcal

ニラレバ炒め

559kcal

回鍋肉

474kcal

八宝菜

471kcal

豚キムチ

405kcal



※餃子の王将は公式HPでのカロリーは公開していません。
店舗によって味付けや盛り付けが異なる場合もありますので、あくまで参考程度にお考えください。


残す勇気も大切。上手に外食をしよう

外食の際は、盛られている量も多めで、どうしてもカロリーオーバーしがち。
最初に自分が食べる量を見定めて、残す勇気を持つことも大切です。また残すことに抵抗があれば、ごはんなどは最初から少なめにするなどの工夫をしましょう。


たまには外食も楽しみたいものです。
カロリーや塩分過多にならないよう注意しながら、上手に外食と付き合っていきましょう。



参考:http://skylark.page-view.jp/140828_bamiyan/pageview/pageview.html

http://hidakaya.hiday.co.jp/pdf/energy.pdf

http://www.saicoro.jp/otoku/ohsho-energy/

健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧