カルシウムと乳酸菌たっぷりのヨーグルト。ヨーグルトのアレンジレシピ!

yoghurt

牛乳やヨーグルトなどの乳製品は、「糖尿病の食事療法のための食品交換表」では「表4」の分類で、主にカルシウムの供給源として大切な食品です。
牛乳もヨーグルトも、100gあたり110mgのカルシウムが含まれています。

またカルシウム以外にもたんぱく質や脂質、ビタミン、さらにお腹に良い乳酸菌もたっぷり含まれています。
1日1.5単位程度(全脂無糖タイプで180g)を目安に食べると良いでしょう。(参考:食品交換表p67,8)

1 2 3

注目記事

記事一覧
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
糖尿病とうまくつきあう 会員登録
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」
健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

糖尿病とうまくつきあう トークルーム

【歯と口の健康週間】最近歯医者さんに、いつ行きましたか?

おいしい食事やバランスの良い食事を続けるためにも口と歯の健康が大切ですが、自分自身で異常に気づくのは難しいこともありますよね。
そこで、今回のテーマはこちら!
「最近歯医者さんに、いつ行きましたか?」

このトークルームを見る

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ 糖尿病QUIZ(クイズ)食生活編

○○効果とは、最初に摂った食事の内容によって次の食事の後の血糖値の上昇が抑えられる効果のことを指す。

1.インスリン
2.セカンドミール
3.ポストミール

正解はこちら

第6回 糖尿病川柳入賞作品発表

記事ランキング

カテゴリ一覧

月2回届く糖尿病関連ニュースレター 管理栄養士監修 糖尿病レシピ

人気の糖尿病レシピ

レシピ一覧を見る

最新記事

糖尿病食レシピ

記事一覧を見る

おやつレシピ

記事一覧を見る

糖尿病と外食

記事一覧を見る

糖尿病の食事コラム

記事一覧を見る