糖尿病の食材レシピ

カルシウムと乳酸菌たっぷりのヨーグルト。ヨーグルトのアレンジレシピ!

yoghurt

牛乳やヨーグルトなどの乳製品は、「糖尿病の食事療法のための食品交換表」では「表4」の分類で、主にカルシウムの供給源として大切な食品です。
牛乳もヨーグルトも、100gあたり110mgのカルシウムが含まれています。

またカルシウム以外にもたんぱく質や脂質、ビタミン、さらにお腹に良い乳酸菌もたっぷり含まれています。
1日1.5単位程度(全脂無糖タイプで180g)を目安に食べると良いでしょう。(参考:食品交換表p67,8)


健康道場「うまくつきあう80kcalショコラ」

糖尿病とうまくつきあう食生活のコツ

次の食材のうち、血糖値を上げにくいものがどれでしょう?

1.うどん
2.玄米
3.とうもろこし

糖尿病とうまくつきあう

関連記事一覧